JOSUKE、「CELESTIAL BLUE」を配信開始

2020.7.22

JOSUKEが「CELESTIAL BLUE」を配信開始

JOSUKEの「CELESTIAL BLUE」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「CELESTIAL BLUE」となっている。

臨死に垣間見る走馬灯を舞台に、死と転生のテーマが描かれた、JOSUKEの第6作品「Celestial Blue(セレスティアル・ブルー)」。 耽美的なメロディラインを特徴とした本作も、菅原一樹(anre*f)により編曲されており、軽やかな電子音の粒が散りばめられている。悲しみや暗さを感じさせないエレクトロニックなサウンドで、重厚なテーマを敢えてスタイリッシュで爽快感あふれる楽曲として表現した。 JOSUKEの歌唱力もさらに洗練され、次の次元へと進化しつつある。力強さの中に現れる、絶妙な繊細さが世界観をよりドラマティックに昇華。今後の作品への期待感もさらに高まる仕上がりとなった本作の魅力を、ぜひ垣間見て欲しい。

なお「CELESTIAL BLUE」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

CELESTIAL BLUE
  • 1: CELESTIAL BLUE

    JOSUKE

配信開始日:2020-07-22

ARTORY Inc.

ジャンル: J-Pop / エレクトロニック / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

JOSUKE

JOSUKE

センチメンタルで甘く、激しさや荒々しさとは違ったマスキュリンなスタイル――シンガーソングライターの佐藤丈亮によるソロプロジェクト。 幼稚園から中学校まで12年間をインターナショナルスクールで過ごし、さまざまな国の宗教や歴史から影響を受けて育つ。中学3年時に転校先で出会った仲間をきっかけに音楽活動を開始。高校卒業後の2005年、自身が作詞・作曲・ボーカルを務めるバンド「SINSEMILLA」を結成。ロマンスとハードロックの融合を掲げ、完全自主制作ながら地元・名古屋でのワンマンライブでは150人以上を動員する。バンドは2008年に解散するが、メンバーと活動を続けたい想いから一念発起。2011年にバンド時代のメンバーと「株式会社アートリー」を設立し、代表取締役に就任。幼少時から得意としていたプログラミングなどのスキルを活かし、Web制作などの事業を手がける。 事業拡大を続けながらも、2016年、音楽プロジェクト「50HEARTS」で音楽活動を再開し、2018年夏からはソロアーティスト「JOSUKE」として、本格的なアーティスト活動の準備を始める。皮切りに、「SINSEMILLA」の楽曲を今の時代に即したアレンジで再発表するプロジェクトを開始。その第1弾作品として、同年12月に「夢の中で」を配信リリース。同時にMVも公開する。編曲に菅原一樹を迎えた同作は、原曲のバンドサウンドから一転、ロマンティックなポップサウンドに仕上がり、JOSUKEのセンチメンタルで甘い歌声が際立つ作品として、楽曲の魅力を異なる角度から発揮させることに成功。2019年4月現在、プロジェクトは第5弾まで進行中。

JOSUKEの他リリースはこちら(アーティストページ)