ivi、「A Sad Song」を配信開始

2020.7.31

iviが「A Sad Song」を配信開始

iviの「A Sad Song」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「A Sad Song」となっている。

海外での経験を経て、満を持してリリースされるニューシングル。悲しくもエモーショナルなFuture Bassに仕上がっており、切なくも美しいivi独特のサウンドを存分に感じられるナンバーとなっている。

なお「A Sad Song」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

A Sad Song
  • 1: A Sad Song

    ivi

配信開始日:2020-07-31

ジャンル: エレクトロニック / ダンス

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

ivi

ivi

iviの音楽スタイルは自由であるのと同時に、その音を聴く人にどこか儚さを感じさせるのが特徴である。主にFuturebassの要素も強いが, J-POPにも強く影響を受けている。 10代の時にロックバンドでその音楽活動を開始し、後にEDMと出会い2019年から個人での音楽制作を始める。東京でのクラブDJ経験や様々な海外経験を通して、さらなる音楽の知識を吸収しそのサウンドに幅を広げた。 主に影響を受けているアーティストはILLENIUM, GRYFFIN, PORTER ROBINSON。

iviの他リリースはこちら(アーティストページ)