Naughty Boyz、「I am」を配信開始

2020.8.3

Naughty Boyzが「I am」を配信開始

Naughty Boyzの「I am」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「I am」となっている。

Naughty Boyzの待望のシングル第二弾。 プロデュースにFaceoffを迎えた今作は、Naughty Boyzが作品づくりのコンセプトとしている「MARBLE」を落とし込んでいる一曲と言えよう。

なお「I am」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

I am
  • 1: I am

    Naughty Boyz

配信開始日:2020-08-03

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Naughty Boyz

Naughty Boyz(ノーティーボーイズ) 2017年結成の3人組Hip Hopグループ。 QN(キューエヌ)、BK(ビーケー)は以前から音楽で繋がっていたが、偶然にも刑務所内の同じ工場に配役となり、再会を果たす。 そこにNBlood(ブラッド)が加わり同氏の「え、じゃあ俺の曲作ってよ」の一言からグループ結成に至る。 刑務作業が終わった後の余暇時間を使い、NBloodが曲のイメージやコンセプト、アイデアを伝えて3人で話し合い、QNがヒューマンビートボックスでビートを製作しメロディをのせ、各々にリリックを書いて刑務所内で作られた楽曲がNaughty Boyzの1st 「Sinsemilla」となる。 QN、BKが出所の約9カ月後の2018年7月に最後の1人、NBloodが出所となり、その翌月8月から本格的にグループの活動を開始。 9月中旬には「Sinsemilla」のPVを撮影。 その際カメラワークを担当したのはHybrid Entertainmentの、Young Yujiro氏。 現在までに「Sinsemilla」の他、 「Plays」という楽曲を完成させている。 今回のAbemaTV出演が世間にグループ結成を表明し、パフォーマンス披露をするのが初めてとなり、事実上デビューのステージとなる。 それぞれ出自も異なる3人が織り成すrap musicは斬新で新鮮、日々進化を遂げている。 2019年のJapanese Hip Hop界を席巻するのは彼等かもしれない。

Naughty Boyzの他リリースはこちら(アーティストページ)