DINARY DELTA FORCE、「EVERYONE D NOW」を配信開始

2020.8.8

DINARY DELTA FORCEが「EVERYONE D NOW」を配信開始

DINARY DELTA FORCEの「EVERYONE D NOW」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「EVERYONE D.」「LISTEN」「SOME TUESDAY」「ガイシヤス」「BRAVO (feat. FORTUNE D)」「MA SHOE」「F.L.A.Me」「1219」「WHEN IT'S OVER」となっている。

BROOKLYNよりTRUE SCHOOLの伝道者が黄金の国ジパングにて、HIP HOP MAPに"KANAGAWA FUJISAWA CITY a.k.a. MOSS VILLAGE"と記したDを発見した。 そう、これは2017年に生まれた新たな見聞録である... 2nd ALBUM「THE 9」の発売以降、RHYME&B, DUSTY HUSKY, 祀SPはそれぞれソロアルバムをリリース するなど、個々での活動において目まぐるしい動きを見せていたその最中、 2015年に横浜と大阪にてSTAGEを分け合ったDINARY DELTA FORCEとMARCO POLOの両者は、このアルバムを完成させる事を約束して、それぞれのBED TOWNへ戻っていった。 時は経ち、2016年12月19日、DINARY DELTA FORCE結成15周年という記念すべき日に突如としてリリースした12inch SINGLE「F.L.A.Me / LISTEN - Produced by MARCO POLO」は発売後わずか2時間で完売。 WANTが数あるDLiP VLNYLの中でも今最も手に入らない作品となった。 これまで、彼らはいったいどれほどのMARCO POLO BEATSを聴いたのだろう... 最終的に残ったこの9曲(究極)は、これまでのDINARY DELTA FORCEの作品としてはありえない、全曲において全員がVERSEを吹き込むという後にも先にも二度とない作品に仕上がった。 そう、コレを聴けばすぐ理解できるはずだ、DLiP RECORDSの音楽が何故、日本のHip Hopに必要なのか?がー。 もはやジャンルの1つとして扱われてしまっている昨今のラップミュージックとは全く違うBOOMBAP SOUNDはブッチギリだ。 JAPANESE HIP HOP CLASSICとして賞賛される1st ALBUM「SOUNDTRACK TO THE BEDTOWN」で示したスタンスはそのままでありながら、セールスとしても成功させた2nd ALBUM「THE 9」を経て、実に4年振りとなる本作は、全曲MARCO POLOプロデュースのもと、世界基準のALBUMをついに完成させた。

なお「EVERYONE D NOW」は、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music、Amazon Music Unlimitedなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

EVERYONE D NOW
  • 1: EVERYONE D.

    DINARY DELTA FORCE

  • 2: LISTEN

    DINARY DELTA FORCE

  • 3: SOME TUESDAY

    DINARY DELTA FORCE

  • 4: ガイシヤス

    DINARY DELTA FORCE

  • 5: BRAVO (feat. FORTUNE D)

    DINARY DELTA FORCE

  • 6: MA SHOE

    DINARY DELTA FORCE

  • 7: F.L.A.Me

    DINARY DELTA FORCE

  • 8: 1219

    DINARY DELTA FORCE

  • 9: WHEN IT'S OVER

    DINARY DELTA FORCE

配信開始日:2020-08-08

DLiP RECORDS

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, Apple Music, AWA, Deezer, Google Play Music, KKBOX, LINE MUSIC, mysound, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス

DINARY DELTA FORCE

DINARY DELTA FORCE

神奈川県藤沢市=MOSS VILLAGE JPN. RHYME&B / 祀SP / calimshot / DUSTY HUSKY の4人で構成。 これまで全ての作品を自身達で運営している ”DLIP RECORDS” からレコードでリリースしており、 2010年に1st アルバム『SOUNDTRACK TO THE BEDTOWN』を2LPで発売。 ”SOUND RECORDING MAGAZINE”の「クリエイターに聴かせたい2000年以降のHIPHOP必聴盤3枚」に、 BLACK EYED PEAS/EMINEMと並び選出されるなど、その年の数多くのタイトルを獲得した。 その勢いそのままに2011年『BEWARE of D』E.P.をレコードのみで発売。 そして、2013年満を辞して 2nd アルバム『THE 9』をなんとこのご時世に3LPとCDで発売。 CDのセールスにおいてはオリコンインディーズ5位を記録した。 自身達が開催しているパーティー ”BLAQLIST” でも分かる通り、徹底した現場主義であり、 これまでに31都道府県でのLIVEを重ね、さらには日本を超えて台湾・バンコク、 そして世界中で展開されているネットメディア(VICE PORTGAL)で特集されるなど、 確実にDの音楽は日本内外へ広まりを見せている。 2ndアルバム以降はメンバーがソロでアルバムをリリースするなど、それぞれで勢力的な活動を行なっていたが、 結成15年目を迎える2016年12月19日の当日、なんとBLOOKLYNからMARCO POLOプロデュースの12inchシングルをリリース。 世界標準のAlbumを携え、MARCO POLOと共に日本主要都市のみならず、台湾・韓国を含めたツアーを敢行。 その集大成として2018年2月17日に代官山UNITにてワンマンライブを成功させた。 2018年もその勢いはとどまることを知らない。 もはやフィールドは世界へと足を踏み出し、藤沢から世界へ。 今後もヤツらの動向を見逃す事は出来ない。

DINARY DELTA FORCEの他リリースはこちら(アーティストページ)