SHEEF THE 3RD、「MY SLANG BE HIGH RANGE MOSS VILLAGE」を配信開始

2020.8.14

SHEEF THE 3RDが「MY SLANG BE HIGH RANGE MOSS VILLAGE」を配信開始

SHEEF THE 3RDの「MY SLANG BE HIGH RANGE MOSS VILLAGE」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「RAISE UP」「BACKA」「JUST TRYIN’ TO MAKE IT (feat. MILES WORD)」「モッチャメゲ」「I’M GONNA」「LIMELIGHT」「A.O.G (feat. DUSTY HUSKY & 祀SP)」「夜に依るよ」「ONE NIGHT」「I GOT THE TIME」を含む全11曲となっている。

これは「日本語ラップ」じゃねえ、「日本のHIP HOP」だ “MOSS VILLAGEの愛すべき馬鹿野郎”こと、SHEEF THE 3RDによる待望の1st ALBUMがついに完成。 MILES WORDと共にBLAHRMYとして日本全国を真っ黒く染め上げ、その動向が注目されていた最中、全HIP HOPファン待望のALBUMがついにベールを脱ぐ。 プロデューサーには、DLiP RECORDの中でも不朽の名作「GEM ON THE SUN」のプロデュースとして知られるDJ LEXが全ての楽曲を担当。 時代の奥底に眠っているお宝を発掘するGOLD DIGGERが見つけ出した至極のVINYLの数々をじっくりと抽出させて、さらに独自のテイストを混ぜ込んで、DJ LEX特有の煙がかった”RAWでDARKな”サウンドに仕上がっている。 スキモノたちをニヤりとさせるネタ使いは、NAGMATICとはまた一味違ったDOPEな世界を描き出している。 そして、そのTRACKの上に紡ぎ出されるLYRICは、今までBLAHRMYでは語られることが少なかった自らの内面を描写したソロアルバムたるソロアルバム。 HIP HOPに人生を捧げたB-BOYとして、F**Kな世界に中指を立て続けるクソ野郎として…まるでSHEEF THE 3RDが自らを切り売りしているかのような、リアルで赤裸々に綴られたLYRICたちは、境遇は違えども誰しもがどこか共感出来てしまうような普遍的な説得力がある。 まるでブルースマンのような、リスナーの魂を震わせるRAPがここにある。 DLiP RECORDSのメンバーももちろん客演で参加。 “HIP HOP ” であることをこだわり続けた男の生き様を綴ったHIP HOP ALBUM 長い沈黙の末、全HEADZが待ち焦がれた1st ALBUMがついに…

なお「MY SLANG BE HIGH RANGE MOSS VILLAGE」は、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music、Amazon Music Unlimitedなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

MY SLANG BE HIGH RANGE MOSS VILLAGE
  • 1: RAISE UP

    SHEEF THE 3RD

  • 2: BACKA

    SHEEF THE 3RD

  • 3: JUST TRYIN’ TO MAKE IT (feat. MILES WORD)

    SHEEF THE 3RD

  • 4: モッチャメゲ

    SHEEF THE 3RD

  • 5: I’M GONNA

    SHEEF THE 3RD

  • 6: LIMELIGHT

    SHEEF THE 3RD

  • 7: A.O.G (feat. DUSTY HUSKY & 祀SP)

    SHEEF THE 3RD

  • 8: 夜に依るよ

    SHEEF THE 3RD

  • 9: ONE NIGHT

    SHEEF THE 3RD

  • 10: I GOT THE TIME

    SHEEF THE 3RD

  • 11: WORTHY

    SHEEF THE 3RD

配信開始日:2020-08-14

DLiP RECORDS

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, Apple Music, AWA, Deezer, dミュージック月額コース, Google Play Music, KKBOX, LINE MUSIC, mysound, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, レコチョク Best

SHEEF THE 3RD

SHEEF THE 3RD

「MOSS VILLAGEの愛すべき馬鹿野郎」 SHEEF THE THIRD A.K.A DACOCK MORRAY(BLAHRMY) これまでBLAHRMYとしてアルバムを1枚とEPを2枚をリリース。 さらにはSEGA FRONT GIANTSの一員としてアルバムを1枚リリース。 タイトなラップスタイルとブルースマンのようなソウルに当てる濃密なリリックを武器に暗躍。 数々の客演をこなしつつ、2017年には盟友DINARY DELTA FORCEのRHYME&Bとのジョイントアルバムを1枚リリース。 今までソロとしての活動は沈黙を続けてきたが、皆の期待に押される様に2018年、ついにソロ1stアルバムが完成。 地元の仲間との日々を描いたLyricにもかからず、全てのリスナーを共感させる説得を持つRhymeで、 全国のクソ野郎どもの首を揺らし続けている。

SHEEF THE 3RDの他リリースはこちら(アーティストページ)