PAPA B & KILLA NAMI、「HELLO (A-1 RUB A DUB RIDDIM)」を配信開始

2020.8.15

PAPA B & KILLA NAMIが「HELLO (A-1 RUB A DUB RIDDIM)」を配信開始

PAPA B & KILLA NAMIの「HELLO (A-1 RUB A DUB RIDDIM)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「HELLO (A-1 RUB A DUB RIDDIM)」となっている。

Killa Nami 制作 "A-1 RUB A DUB RIDDIM” ワンウェイ企画 第6弾! PAPA B【HELLO】 最後は 説明不要 Japanese Reggaeの 重鎮 Papa B 新曲は得意のシングジェイスタイルで 人生に必要な幸せについて歌った曲。 未だに進化の止まらない大ベテランの New Tune。"HELLO"

なお「HELLO (A-1 RUB A DUB RIDDIM)」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

HELLO (A-1 RUB A DUB RIDDIM)
  • 1: HELLO (A-1 RUB A DUB RIDDIM)

    PAPA B & KILLA NAMI

配信開始日:2020-08-15

Magnum Records

ジャンル: レゲエ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, DANCEHALL.JP, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

PAPA B & KILLA NAMI

PAPA B & KILLA NAMI

PAPA B】   80年代後半から活動する日本のレゲエDJ。93年に渡米、ニューヨーク/ジャマイカで長期滞在。この間にJap jam , Thunder gate など当時台頭したジャパニーズレゲエレーベルからアナログ盤をリリースし、その存在が話題を呼ぶ。98年Rockers Island より12インチシングル”傷心症”、そして Pushim や Ryo The Skywalkerなども参加したアルバム 「Sword Man」(CDはBandaiより発売)を完成させ帰国。2001年ユニバーサルからマキシシングル 「Who am I ?」 リリースを機に PAPA B と名を改める。2003年11月よりNY時代からの仲間である MIGHTY CROWN に参加。   翌04年にはEMIミュージックジャパンからフルアルバム「Neo Entertainer」をリリース。2006年には横浜のロックバンド 「CRAZY KEN BAND」のリーダー横山 剣とのコンビネーションで「Life is Beautiful」をリリース。爽快なSkaのリズムに乗せた大人の人生応援歌が話題を呼んだ。以後同社からフルアルバム3枚、ミニアルバム2枚のリリースに加え、2010年には所属レーベルであるLife Styleよりフルアルバム「Elements of life 」を発表、同年このアルバムの1曲目にも挿入されたPAPA Bの地元札幌のレーベル「Explosion Record」がプロデュースした「V.A Brand new way」を全国発売して札幌在住のアーティスト達と共に注目された。   その後もジャンルを問わず数々のアーティストとの共演やオムニバスCDに参加し続け、2013年には地元札幌でロックバンド「Mortar Sect 」(モルタルセクト)を結成、レゲエアーティストと並行しながらもライブ活動、レコーディングに力を注いでいる。また海外のアーティストとも親交が深く、インターネットを使いながらの製作活動も意欲的に継続している。   PAPA Bと、同じく札幌を拠点に活動するSKAバンドBeat Sunsetから成るセッションバンド。きっかけはBeat Sunsetが2016年11月に開催した結成10周年記念ライブにおいてPAPA Bをゲストアーティストとして迎えたことにあり、自然発生的にお互いに曲作りを始めた。
その後、お互いを良く知る「こだまレコード」のTOP DOCAをプロデューサーに迎え、2018年9月にアルバム「PAPA BEAT SUNSET」をリリースした。PAPA BとBeat Sunset、そしてTOP DOCAの三者がプロデュースしたジャンルを超えた自由な発想のこのアルバムは、各分野から高く評価されている。 キャリアを積んだ今でも先がわからない彼の音楽人生は常に新鮮で興味深いが、小さなクラブのDJブースの中でも、ライブハウスでも、3万人のステージでも、臨機応変、変幻自在のパフォーマンスで一瞬で魅了できる彼のスキルはやはり経験を積んだヴェテランだと実感させられる。圧倒的なオリジナリティ…….PAPA Bは、自分のスタイルを貫きつつ音楽の楽しさや自由さを届ける稀代のアーティストである。そしてそれがファンは無論、音楽関係者からもリスペクトを集め続ける所以なのだ   アルバム 「Elements of life」, 「Neo Entertainer」, 「life is beautiful」、 「Papa Beat sunset」そして EP 「Who am I ?」, 「Tora tora tora」, 「Live up and rise」 またそれぞれのシングルは Apple music にあります。

PAPA B & KILLA NAMIの他リリースはこちら(アーティストページ)