森元凱斗、「Rum Iros」を配信開始

2020.9.1

森元凱斗が「Rum Iros」を配信開始

森元凱斗の「Rum Iros」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Rum Iros」となっている。

この曲はドキュメンタリー“Journey Idiot ROad”のエンディングとしてのタイアップソングになります。 元々この曲は亡くなった祖母へのレクイエム(鎮魂歌)として作りました、お別れの曲としてはディスコ調でえらく明るい曲だと思われるのですが歌詞だったりには寂しさが垣間見える様に書いたのと、最後の転調の意味は天国まで届くと良いなという思いで作りました! 別れ出会い寂しいことかもしれないけど。乗り越えて強くなってほしいという気持ちを歌にしました。

なお「Rum Iros」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Rum Iros
  • 1: Rum Iros

    森元凱斗

配信開始日:2020-09-01

ジャンル: J-Pop / ハウス / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

森元凱斗

森元凱斗21歳日本とフィリピンのハーフ、特技は英語と作詞、自身の曲はノスタルジック(懐かしい)サウンドに独特な世界観の歌詞が特徴的、14歳の時にアメリカに語学と音楽留学を機に洋楽に出会いそこからWhtiney HoustonやMichael Jacksonなどのレジェンダリーアーティストに感銘を受ける。 その影響と元々の幅広いJpopの知識で作曲の際は幅広いジャンル(アニソン、ロック、ジャズ、歌謡曲、演歌、funk、ゴスペル、RnB、)などからインスパイアを受けそれを生かしつつ日本の良き音楽文化との融合をゴール地点に作品を作り続ける。  そして今年の2月にドキュメンタリー作成の為にNYに行き過去に出来なかった事を再チャレンジするなど、いろいろなことに挑戦している。

森元凱斗の他リリースはこちら(アーティストページ)