Blumio、「モヒカンのキレ上がってて草」を配信開始

2020.9.2

Blumioが「モヒカンのキレ上がってて草」を配信開始

Blumioの「モヒカンのキレ上がってて草」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「モヒカンのキレ上がってて草」となっている。

Blumioの愛しきファンとのコラボ企画のファーストシングル! Youtubeでソングタイトルを募集し、Blumioがその選ばれたタイトルに合う曲を制作。選ばれたタイトルは「モヒカンのキレ上がってて草」。理由は一番いいねが付いていたから!

なお「モヒカンのキレ上がってて草」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

モヒカンのキレ上がってて草
  • 1: モヒカンのキレ上がってて草

    Blumio

配信開始日:2020-09-02

ジャンル: R&B/Soul / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Blumio

Blumio

ドイツ生まれドイツ育ちの逆輸入ラッパー。 2005年に「Meine Lielingsrapper(俺のお気に入りのラッパー)」という楽曲でドイツでデビュー。12人のラッパーの特徴を掴んだ楽曲が話題となり、2009年に発表したシングル「Hey Mr.Nazi」というネオ・ナチとの対話を試みた楽曲が評判となり、YouTubeで1700万再生という大ヒットとなる。 その後も精力的に活動を続け、ドイツで通算5枚のアルバムをリリースし、2016年には、両親のふるさとである日本に活動拠点を移す。 2018年に日本デビューミニアルバム「でも」をリリース。 2020年にはYouTubeにて日本のラップシーンの大物の声とリリックを真似た楽曲「ラッパーものまね」と有名ユーチューバーブライアンへ向けた早口ラップ「ブライアンへ」をアップし両者100万回再生を超え、国内でも注目を集めている。

Blumioの他リリースはこちら(アーティストページ)