WATANABABY、「Feeling of Lonelines」を配信開始

2020.9.5

WATANABABYが「Feeling of Lonelines」を配信開始

WATANABABYの「Feeling of Lonelines」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「intensive care unit」「Dizzy」「Drunk」「KickFlip」「Gust」「Wandering」「Antonius block」「Norman Stansfield」「Misrecognition」「Heavy responsibility」を含む全12曲となっている。

埼玉・東松山出身のビートメイカーWatanaBabyが全12曲入りのビート・アルバムを配信 同郷のMrQUEENS IMUHA-BLACKのバックDJとして動きつつも日々煩悩と戦いながらレコ屋等からサンプリングソースをかき集めMPC2500を叩きビートを量産していた男が今回重すぎる腰を上げ始動。 今作品のタイトルである[Feeling of Lonelines]とは日本語訳をすると寂寥感である。 言葉の意味として物悲しい気持ちや様子のことを表す。 開発による変わり果てた地元の景色・濃厚な内容の映画を見終わった後のあの何とも言えない気持ち 今回のビート・アルバムのテーマとし、全12曲を聞き終わった後には同じような寂寥感を感じてもらえたら幸いだ。

なお「Feeling of Lonelines」は、iTunes、Spotify、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Feeling of Lonelines
  • 1: intensive care unit

    WATANABABY

  • 2: Dizzy

    WATANABABY

  • 3: Drunk

    WATANABABY

  • 4: KickFlip

    WATANABABY

  • 5: Gust

    WATANABABY

  • 6: Wandering

    WATANABABY

  • 7: Antonius block

    WATANABABY

  • 8: Norman Stansfield

    WATANABABY

  • 9: Misrecognition

    WATANABABY

  • 10: Heavy responsibility

    WATANABABY

  • 11: spook

    WATANABABY

  • 12: evening rain

    WATANABABY

配信開始日:2020-09-05

THE ANTHEM

ジャンル: インストゥメンタル

配信ストア: Apple Music, iTunes, Spotify

WATANABABY

WATANABABY

埼玉・東松山出身のビートメイカーWatanaBabyが全12曲入りのビート・アルバムを配信 同郷のMrQUEENS IMUHA-BLACKのバックDJとして動きつつも日々煩悩と戦いながらレコ屋等からサンプリングソースをかき集め MPC2500を叩きビートを量産していた男が今回重すぎる腰を上げ始動。 今作品のタイトルである[Feeling of Lonelines]とは日本語訳をすると寂寥感である。 言葉の意味として物悲しい気持ちや様子のことを表す。 開発による変わり果てた地元の景色・濃厚な内容の映画を見終わった後のあの何とも言えない気持ち 今回のビート・アルバムのテーマとし、全12曲を聞き終わった後には同じような寂寥感を感じてもらえたら幸いだ。

WATANABABYの他リリースはこちら(アーティストページ)