エソラビト、「陽炎」を配信開始

2020.9.6

エソラビトが「陽炎」を配信開始

エソラビトの「陽炎」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「陽炎」となっている。

“とどめの一言を 僕から言わないよ きみから聞かせてよ”  心変わりを知りながら、別れの予感を感じながら、 きみからの「さよなら」の一言を待っている。 苦しく切ない恋の終わりの歌。

なお「陽炎」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

陽炎
  • 1: 陽炎

    エソラビト

配信開始日:2020-09-06

ジャンル: J-Pop

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

エソラビト

エソラビト

エソラビト (ESORABITO) ピアノ弾き語りシンガーソングライター。 2011年6月、ボーカル、ギター、サックスの3人編成で活動開始。東日本大震災で被災した南三陸町立戸倉小学校に楽器を寄付するために、1st CD『ユーカリプタス』を「30日間で1,000枚お届けする」全国路上ライブによる挑戦を敢行。収益の30%で戸倉小学校へ楽器を寄付。同年12月には戸倉小学校の子ども達とレコーディングを行った2nd CD『空へ』をリリースした。 2013年3月、前年にメンバーが音楽事務所を設立したことを受けユニット解散。同事務所所属のもと、菜々子が「エソラビト」の名義を引き継ぎ、シンガーソングライターとしてソロ活動を開始する。 同年夏、福島県小野町浮金中学校閉校メモリアルソングを手がける。また、11月に初のホールワンマンライブを藤沢ライブ館で開催、150人集客達成。 2014年、横浜市磯子区サンモール洋光台を舞台にしたテーマソング集『洋光台①』をリリース。同年、福島県小野町の観光大使に就任。ホールワンマンライブ『ふくしまへおくる②』を県民共済みらいホールで開催し、250名集客達成。続く小野町バスツアーを成功におさめる。 2015年、福島県小野町名産品のテーマソング『黒にんにくの歌』『ミラクルミネラル〜ミネラル野菜のうた〜』を制作。 2016年、韓国男性アイドルグループApeace『PRESENT』の作詞を担当。 2017年、所属事務所から独立。レディオ湘南「SSC」にて元プリンセスプリンセスの富田京子、TUBE 角野秀行らと共演。 横浜・湘南エリアを中心にテーマソング制作・音楽活動を展開中!

エソラビトの他リリースはこちら(アーティストページ)