KOJOE、「It’s all deuce」を配信開始

2020.9.9

KOJOEが「It's all deuce」を配信開始

KOJOEの「It's all deuce」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「It's all deuce (feat. Rudebwoy Face)」「It's all deuce (Instrumental) [feat. Rudebwoy Face]」「It's all deuce (Acapella) [feat. Rudebwoy Face]」となっている。

なお「It's all deuce」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

It
  • 1: It's all deuce (feat. Rudebwoy Face)

    KOJOE

  • 2: It's all deuce (Instrumental) [feat. Rudebwoy Face]

    KOJOE

  • 3: It's all deuce (Acapella) [feat. Rudebwoy Face]

    KOJOE

配信開始日:2020-09-09

J Studio

ジャンル: R&B/Soul / ヒップホップ/ラップ / レゲエ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, CLUB ZION, DANCEHALL.JP, DE-LUXE, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

KOJOE

KOJOE

新潟生まれ、NYクイーンズ育ち。07年にNYのインディペンデント・レーベル、RAWKUSと契約し、コンピレーション『Rawkus 50 Mixtape Vol.1』に参加するもその後にRAWKUSが閉鎖。09年に帰国後は英語と日本語をミックスし、ラップと歌の二刀を使い分けた高いスキルのラップ・スタイルを武器に数々のアーティストと共演するも、完全インディペンデントなスタイルを貫き通した孤高のラッパーとして日本のシーン内で特異な存在を確立。同業者からも圧倒的な支持を受け、様々なレーベルから様々な名義で作品をリリースし、近年はOLIVE OILや5lackとのリンクで新たなファン層を広げているバイリンガル・ラッパー。

KOJOEの他リリースはこちら(アーティストページ)