Flica、「tappskog」を配信開始

2020.9.25

Flicaが「tappskog」を配信開始

Flicaの「tappskog」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Entrance to The Woods」「White Woods」「Riding Griffin」「Exit Trail」となっている。

A place far north, at a suburb filled with snow. We randomly followed a trace to the entrance of the lost woods. While walking, The sound of shoes stepping on the snow, the spruce branches effectively bear the accumulated snow. and the air has a slight smell of burning wood. We walked aimlessly. In the woods filled with snow, there were no creatures to be trace. They probably on winter sleep? Hence, we felt lonesome. If a griffin appears, we likely to ride on it and fly, admire the woods from sky-high. The daytime is almost swallowed by the night, and we have no room to stay. We both left the entrance to the woods before the night came, and passed-by a frozen lake. We returned home followed the direction of the small village with warm street lights.

なお「tappskog」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

tappskog
  • 1: Entrance to The Woods

    Flica

  • 2: White Woods

    Flica

  • 3: Riding Griffin

    Flica

  • 4: Exit Trail

    Flica

配信開始日:2020-09-25

Schole Records

ジャンル: エレクトロニック / オルタナティブ / クラシック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

Flica

Flica

クアラルンプールのエレクトロニカ・シーンが発展を遂げた2007年以降、音楽家flicaは素晴らしい作品を発表し続け、マレーシア以外のリスナーからも称賛を受ける。デビューアルバム「Windwane & Window」で聴かせた気まぐれで洒落たエレクトロニカは海外からも注目され、2枚目のアルバム「Nocturnal」は東京のレーベルSchole Recordsからリリースされる。自身3枚目のアルバム「Telepathy Dreams」では、過去2作品で奏でた甘美で感傷的な音から物憂げな音に移行し、アンビエント・シーンでも注目され始める。 2015年発表の「Weekendary」では、flicaの楽曲に初期の作品で奏でていたロマンチシズムに戻り、また雰囲気のあるアンビエント音をセンス良く付け加えた音となっている。中国と日本のツアーにおいての音の探求の旅では、ベーシストであるケント・リーとのコラボレーションを通して、flica自身は即興的にルーピング演奏を行い、この経験が音楽に新しい方向性やアイディアを作るきっかけとなる。 そして、flicaの5枚目アルバム「sub:side」では進化した音楽の集大成を世界に発信する。また、アーティスト活動10周年という節目を迎える今回のアルバムでは、ローファイ感を強調したミニマルなアプローチで、オリエンタルで落ち着きのある実験的なアンビエントサウンドが途切れなくミックスされている。この10年で培った経験を証明する、flicaならではのシンプルかつメランコリーなサウンドを聴かせる。

Flicaの他リリースはこちら(アーティストページ)