SOARA、「存在証明」を配信開始

2020.9.26

SOARAが「存在証明」を配信開始

SOARAの「存在証明」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「存在証明」となっている。

激動の2020年、「存在証明」と題したこの一曲は"原点回帰"と"進化"をテーマに、今年大きく変わってしまった世界の中で、どのような状況でも変わらず前向きに歌い続けることを固く誓った一曲。 日常面および音楽面においても厳しいニュースが連日続く中、過去からのルーツを辿るように最もSOARAらしいトラックとポジティブなリリックで、今の時代における自分自身の存在とこの先の指針を力強く示す内容となっている。

なお「存在証明」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

存在証明
  • 1: 存在証明

    SOARA

配信開始日:2020-09-26

OURANOS AIM

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

SOARA

SOARA

『神奈川県出身、日本語ラップシーンにおいて最もポジティブなメッセージを発信し続けるMC。』 2006年、2MC+1DJのクルーを結成し音楽活動をスタート。 当時まだ10代でありながら、場所やシチュエーションを問わず熱心なライブ活動を行い、全国的にデモアルバムを配布。 そのライブ力には定評があり、20歳を過ぎる頃には、代々木第二体育館にて日本バスケットボールリーグ(JBL:現 B.LEAGUE)の試合のハーフタイムでライブを務める等、多岐に渡る活動で経験を積んできた。 2011年、クルーでの活動を終えソロ活動を開始し、その夏には早くも12曲入りのフリーフルアルバムを公開し話題に。 翌年の2012年、インディーズ初作品『Be the ONE』を配信リリースし、デビュー作ながらHIPHOP着うたダウンロードサイトにて1位を獲得。 2014年には全国各地で出会ったアーティストを多数招き完成したE.P.『SIGNALIZER』を配信リリースし、iTunesヒップホップ/ラップアルバムランキング2位を記録し一躍脚光を浴びた。 2016年、KEN THE 390主催の大型HIPHOPイベント「超・ライブへの道」に出演を果たす等、更に活動のフィールドを押し上げ、2018年にこれまでの活動の集大成とも言える待望のフルアルバム『All Of My Life』をリリース。 2019年2月、最新作『Now or Never feat.KEN THE 390』をリリースし、さらに3月には自身初となるワンマンライブ"All Of My LIVE"を新宿Zirco Tokyoにて開催し、満員御礼の成功を収めた。 「ネガティブな曲を歌わない」という理念を持ち、独特な視点や切り口から書かれた曲の根底にある前向きな力強さが持ち味。 日々のアグレッシブなライブや音源を通じて、最大級にポジティブなメッセージ込めて発信し続けている。

SOARAの他リリースはこちら(アーティストページ)