PHEWWHOO、「NewDay」を配信開始

2020.10.14

PHEWWHOOが「NewDay」を配信開始

PHEWWHOOの「NewDay」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「NewDay」「Bloom」「明窓」「Sign」となっている。

about EP『New Day』 8年ぶりの活動再開後初の音源となる本作は、過去の自分達に執着をせず自分達の新しい音・スタイル作りに挑んだ渾身のEP。2人のギターはシンセ的でエフェクティブなサウンドを展開しギターセオリーを覆し、アンサンブルは10年の時を経てさらに加速。リズムセクションは10年の時間を経たからこそ確認できた揺るぎないグルーヴを獲得。 1曲目はEPタイトル曲「New Day」4人が塊となって疾走し、刹那、多幸、躍動を煽る4人の再出航のファンファーレでありシンボル曲。全体を包み込むアトモスフィアなシンセギターと広がりを豊かにするギターフレーズに躍動するリズムセクションが加わり、恍惚感をパワフルに押し上げていく。 2曲目「Bloom」トリッキーかつ転がるように疾走するビート。モータウンを彷彿させるグルーヴィーなベース。にじむような水彩色豊かなギターと対照的なきらびやかでミニマルなギターのアンサンブル。これらを絶妙なバランスで融合させるのがPHEWWHOOの妙。 3曲目「明窓-meisou-」ハウスミュージックを基盤としたしなやか且つダイナミックなサウンド。粘りのある4つ打ち、清涼感のあるコード進行と凛としたメロディが、外来のクラブミュージックとは一味違うドメスティックなバンドサウンドを醸す。 4曲目「Sign」昨今のインストバンドにある複雑性とは異質なシンプルな構成と、小気味良いブレイクビーツに、2本のギターとベースが3 MCの様に歌心を繋ぐ、4人のポピュラリティーと遊び心が詰まった楽曲。 そして今回のレコーディングにはかねてから親交、信頼するTaichi(recordimg engineer Andy's studio)、小林慶一(mix engineer Strawberry House)が担当。マスタリングにはベルリンよりダフトパンク、ジェフミルズの作品を手掛けたconor dalton(calyx mastering)が担当。ベルリンの硬質で粒立ちの良いサウンドもこの作品の魅力となっている。

なお「NewDay」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

NewDay
  • 1: NewDay

    PHEWWHOO

  • 2: Bloom

    PHEWWHOO

  • 3: 明窓

    PHEWWHOO

  • 4: Sign

    PHEWWHOO

配信開始日:2020-10-14

ジャンル: インストゥメンタル / オルタナティブ / ダンス

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

PHEWWHOO

PHEWWHOO

ツインギター、ベース、ドラムの4人編成のインストバンド。ファンクネスでグルーヴィーなリズムセクション、シンセ感漂うエフェクティブで煌びやかなツインギターの音色がダイナミックでエモーショナルなサウンドスケープを醸し出す。 90年代初期のオルタナティブ・パンク・ミクスチャー・アシッドジャズに始まり、クラブカルチャー・レイブカルチャー・ポストロック・エレクトロニカを経てネオソウルなど、幅広い音楽的土壌を包み込み体現している。 2007年結成。00年代に活躍した「界」のリズム隊に2人のギターが加わり活動開始。2008年には1stアルバム、同年Remixアルバムをリリース。2010年より活動休止。2018年夏、8年ぶりに活動再開。第二期PHEWWHOO をスタートさせる。過去に執着をせず自分達の新しい音・スタイル作りに挑み、2020年秋にEP「New Day」をリリース。

PHEWWHOOの他リリースはこちら(アーティストページ)