HIROFUMI ENDO、「HIROFUMI CALENDAR」を配信開始

2020.10.17

HIROFUMI ENDOが「HIROFUMI CALENDAR」を配信開始

HIROFUMI ENDOの「HIROFUMI CALENDAR」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「コモエスタ・ミ・アモール」「新浪曼主義」「針ノ浜ストラット」「冷たい桜」「シーパルちゃん」「シエスタの丘」「蒼と青の向こうへ」「夏浜開き」「はなさない」「貴女はスポイラー」を含む全12曲となっている。

テクノポップ・シティポップの意匠を借りながら、コバルトーレ女川の応援歌「蒼と青の向こうへ」、女川のゆるキャラテーマソング「シーパルちゃん」、美しい女川湾・針ノ浜・塚浜の景観を歌った「シエスタの丘」「針ノ浜ストラット」「夏浜開き」、12月女川駅前で行われる荘厳なイルミネーション・海ぼたるをイメージした鎮魂歌「冬の花火」など、12曲の心象風景を12の月で綴ったメロディアスな珠玉の音楽作品集です。

なお「HIROFUMI CALENDAR」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

HIROFUMI CALENDAR
  • 1: コモエスタ・ミ・アモール

    HIROFUMI ENDO

  • 2: 新浪曼主義

    HIROFUMI ENDO

  • 3: 針ノ浜ストラット

    HIROFUMI ENDO

  • 4: 冷たい桜

    HIROFUMI ENDO

  • 5: シーパルちゃん

    HIROFUMI ENDO

  • 6: シエスタの丘

    HIROFUMI ENDO

  • 7: 蒼と青の向こうへ

    HIROFUMI ENDO

  • 8: 夏浜開き

    HIROFUMI ENDO

  • 9: はなさない

    HIROFUMI ENDO

  • 10: 貴女はスポイラー

    HIROFUMI ENDO

  • 11: 僕はほでなす

    HIROFUMI ENDO

  • 12: 冬の花火 〜Requiem For The Souls〜

    HIROFUMI ENDO

配信開始日:2020-10-17

ISHINODA RECORDS

ジャンル: エレクトロニック / テクノ / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

HIROFUMI ENDO

HIROFUMI ENDO

遠藤裕文 / 宮城県女川町出身在住 / 音楽家 1996年Think Sync RecordsよりSnow Mobilesでデビュー。 2001年までにアルバム3枚、マキシシングル2枚をリリース。 その後は地元女川町でマイペースに音楽活動を行う。 東日本大震災を機に、愛すべき地元女川をテーマにしたソロアルバムを作ることを決意。被災地女川の一住民としての目線から、心に湧き出でる思いを大好きなテクノポップに託し、2019年9月10日、満を持して1stソロアルバムCD「HIROFUMI CALENDAR」発売。このアルバムは女川のアマチュアサッカーチーム・コバルトーレ女川の応援歌「蒼と青の向こうへ」、女川のゆるキャラテーマソング「シーパルちゃん」、美しい女川湾・針ノ浜・塚浜の景観を歌った「シエスタの丘」「針ノ浜ストラット」「夏浜開き」、12月女川駅前で行われる荘厳なイルミネーション・海ぼたるをイメージした鎮魂歌「冬の花火」など、12曲の心象風景を12の月で綴ったメロディアスな珠玉の音楽作品集である。2020年に入りライブ・他のミュージシャンとのコラボ・アレンジなども行いながら精力的に活動中。

HIROFUMI ENDOの他リリースはこちら(アーティストページ)