若江爵紀、「予感」を配信開始

2020.11.1

若江爵紀が「予感」を配信開始

若江爵紀の「予感」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「予感」となっている。

なお「予感」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

予感
  • 1: 予感

    若江爵紀

配信開始日:2020-11-01

Forest Records

ジャンル: J-Pop / R&B/Soul / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

若江爵紀

若江爵紀

1986年11月1日生まれ。 幼少期に家族の影響でBlack Musicに魅了されて、その中でも特に、R&B、JAZZを聴き始める。 その後中学生の時に、J-POPとBlack Musicの要素を融合する音楽に出逢い、その中でも特にR&Bに特化した音楽であるJ-R&Bの数々の名作に出逢い、感銘を受けて作詞作曲を始める。 何気ない日常の中、2013年の時にX FACTOR OKINAWA JAPANに応募し、番組内でSky’s The Limit (スカイズ ザ リミット)を結成する。 グループ内ではヴォーカルとピアノを担当し、アカペラではベースを担当、メジャー1stアルバムであるMellow but Funky (2017年11月08日)内に収録されている"Orion of sky"ではトラックメイキングを担当するなどマルチに活動した。 その後、 2018年までに同グループにて活動したが悔しくもグループが解散。 その後、個人での音楽活動をほぼ休止する。 しかしながら、2020年に起こった世界的大恐慌であるコロナウイルスショックの最中に、友人であるアーティストYsoultruthから医療現場で戦っている友人へ捧げる楽曲制作に誘われて"For You"をリリース。 そして2020年10月10日に個人名義では初のシングル"少しだけ"をインターネット配信限定リリースすることになる。 2020年11月1日には"予感"をリリース。 どちらも作詞作曲編曲は若江爵紀としてリリース。

若江爵紀の他リリースはこちら(アーティストページ)