Mamana、2nd mini アルバム『GIGA』を配信・リリース開始

2020.11.4

ソロヴォーカリスト、Mamana(ままな)の2nd miniアルバム『GIGA』が配信リリース開始された。



Mamanaは、ソロ活動の他にバンド"paw"のヴォーカルも務めており
ライブハウス「おとなり」店長深井一史と共に、ほぼ全ての楽曲を制作している。

そして、10作品目となる『GIGA』は
彼女が活動してきた約2年間の集大成となる、まさに「ギガ」サイズのアルバムとなった。

また、アラニス・モリセット、パール・ジャムなどの影響を受けて完成した楽曲「Why」が
リード曲として収録され、MVが10月28日から公開開始されている。



『GIGA』各配信ストア : https://linkco.re/Y6CFYcsT

GIGA
  • 1: Why

    Mamana

  • 2: breath

    Mamana

  • 3: Cactus

    Mamana

  • 4: iris

    Mamana

  • 5: Let down

    Mamana

  • 6: If there is a miracle in this world.

    Mamana

  • 7: vermilion

    Mamana

  • 8: lonely night

    Mamana

  • 9: Crystal Heaven

    Mamana

Mamana

Mamana

Mamana(真愛:ままな) ソロヴォーカリスト / paw ヴォーカル 生年月日 1992年11月3日 血液型 O型 栃木県宇都宮市出身。 小学校の頃、祖母の家にあったカラオケボックスで 初めてマイクを使い、人前で歌う。 自分の歌を褒められることに感動を覚え、次第に歌の魅力に引き込まれていく。 やがて思春期の照れ臭さから 「歌手になりたい!」と周囲に打ち明けられなくなり バレー部に所属していた中学時代、将来の夢はバレーボール選手と話していた。 それでも歌が大好きで、毎日のように歌を練習しており この頃父親の影響で聴き始めたアヴリル・ラヴィーンのCDをきっかけに、洋楽のポップスやロックに影響を受け始める。 高校受験のタイミングで音楽の道に進む決意を固め、15歳でバンド活動を始める。 当時はアヴリル・ラヴィーンやparamoreのコピーバンドで活動をしていた。 高校2年生の頃、地元のバンドコンテストで優勝。 高校卒業後は、オリジナル曲で本格的にライブハウスでの活動をスタート。 地元の埼玉や東京を中心に活動をし、CDリリースや全国ツアーを経験。 2019年1月ソロヴォーカリストとしての活動を発表。 楽曲プロデュースに深井一史を迎え、ほぼ全ての曲を共同制作している。

Mamanaの他リリースはこちら(アーティストページ)