HiplinがNew EP『CHOKING』リリース、来年2月の初ワンマンも発表

2020.11.11

HiplinがNew EP『CHOKING』をリリースした。変態紳士クラブやソロでも活躍するプロデューサーGeGによるレーベル・Goosebumps Musicからリリースとなった本作は、Hiplin自身が上京した時の気持ちを、歌や音に綴った1st EP。収録曲のほとんどをHiplin自身がセルフプロデュースしており、トラックメイクからレコーディングまでのほとんどを1人でこなすなど、アーティストとしてのマルチな才能を発揮している。『CHOKING』には、唯一プロデューサーにGeGを起用、シンガーkojikojiを迎えた一曲「帰り道 (feat. kojikoji)」をはじめ、SoulflexからMa-Nuが参加した「No Friend No Life (feat. Ma-Nu)」など全5曲を収録。ミュージシャン陣でも、ZIN、山岸竜之介、伊藤修平など豪華アーティストが参加している。



また、Hiplinは来年2021年の2月5日に大阪・BIGCATでのワンマンライブも本日発表している。


EP『CHOKING』各配信ストア : https://linkco.re/1UzB8tHt

CHOKING
  • 1: CHOKING

    Hiplin

  • 2: パブロ

    Hiplin

  • 3: イマジン

    Hiplin

  • 4: No Friend No Life (feat. Ma-Nu)

    Hiplin

  • 5: 帰り道 (feat. kojikoji)

    Hiplin

Hiplin

Hiplin

Hiplin (ヒップリン) 関⻄出身のシンガーソングライター、ギタリスト、トラックメイカー、サウンド プロデューサーなど、いくつもの肩書きを持ち、マルチな才能を発揮するアーティスト。 自身が歌う楽曲では、SOULやHIPHOP、それにREGGAE、BLUES、FUNKなどBLACK MUSICを軸に、等身大で寄り添いやすいリリックを乗せたポップスへと 昇華させている。またトラックメイカーとしては、ジャンルの壁を絞らない、多彩に飛んだ制作を行っており、近年は国内に限らず、海外アーティストへの楽曲提供など、プレイヤーのみならず裏方までマルチな活動を行なっている。 そして2016年にリリースした1st Mini Album『2ケツ』、その中に収録されている1曲「Grow UP」を変態紳士クラブのプロデューサーであるGeGがAcoustic ver.にアレンジし、自身のアルバム『Mellow Mellow ~GeG's Playlist~』に収録したことをキッカケにHiplinの名が全国へ広まっていく。そして注目の新レーベルGoosebumps Musicからリリースされた、GeG「I Gotta Go」への 客演参加で、一気に注目のシンガーソングライターへと躍り出た、いま最も注目を集めるアーティストのひとりである。

Hiplinの他リリースはこちら(アーティストページ)