SQUID、「blue」を配信開始

2020.11.11

SQUIDが「blue」を配信開始

SQUIDの「blue」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「blue」となっている。

シンガーソングライター、徳網 正宗氏を迎えて制作した楽曲。 深く薄暗い青さに包まれた、夢か現実か朦朧とする状況の中で、思い通りに動かない身体と気持ちを表現した曲です。 SQUIDの楽曲で、マイナーで暗く、そして少しドロついたタイプの曲は、この「blue」が初めてになります。

なお「blue」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

blue
  • 1: blue

    SQUID

配信開始日:2020-11-11

EKIMAE LABEL/23区

ジャンル: J-Pop / エレクトロニック / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

SQUID

SQUID

作曲を中心に活動する大川尚吾のソロプロジェクト。2012年より始動。 “単純なメロディーやモチーフ”、“アナログ音と電子音の共存”、“楽器以外の音(サンプリングや非楽器)の使用”が好みの創作手法で、それらの音を用いて、常に変化していく日常風景や人間模様・心情などを音、そして楽曲に変換してお送りしております。 生まれてから今日まで、自分に取り憑いている“音”を、何かしらの作品形態で皆様にお届けします。

SQUIDの他リリースはこちら(アーティストページ)