荒武裕一朗、「Wind Surfing 〜Moonset and Carnival〜」を配信開始

2020.6.15

荒武裕一朗が「Wind Surfing 〜Moonset and Carnival〜」を配信開始

荒武裕一朗の「Wind Surfing 〜Moonset and Carnival〜」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Wind Surfing 〜Moonset and Carnival〜」となっている。

"NATIVE SON"の名曲「WIND SURFING」と荒武裕一朗オリジナル「夕焼け」を含む全4曲を収録した未発表音源のマキシCDが遂に発売決定!

なお「Wind Surfing 〜Moonset and Carnival〜」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Wind Surfing 〜Moonset and Carnival〜
  • 1: Wind Surfing 〜Moonset and Carnival〜

    荒武裕一朗

配信開始日:2020-06-15

Owl Wing Record

ジャンル: インストゥメンタル / サウンドトラック / ジャズ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

荒武裕一朗

荒武裕一朗

1974年宮崎市生まれ。 ビクター音楽コンクールで優秀賞受賞。 学生時代に本田竹広氏のピアノに心酔し、福村博(tb)氏にジャズ理論を師事。単身NYで研鑽を積み、菊池雅章氏にレッスンを受ける。これまでにリーダーアルバム7枚を発表。 2008年唯一の日本人として欧州ツアーメンバーとして単身ヨーロッパへ招聘され、オランダ国内をはじめドイツ・ベルギーでのコンサートで好評を博する。音楽イベント「Music make us one !! 」主宰。 2012年歌手・米良美一と横須賀芸術劇場大ホールにて共演。2013年1月東京・新国立劇場で芸術監督D.Bintley「ダイナミック・ダンス」音楽監修・共演。 2017年Trioとして15年ぶりとなる6枚目『Time For A Change』を本田珠也氏をドラムに迎えてピアノトリオを発表。2019年には前作アンサーアルバム『Constant as the northern star』を発表した。

荒武裕一朗の他リリースはこちら(アーティストページ)