Satellite Youngの草野絵美による新ソロプロジェクト・Emi Satellite、1stシングル「Glass Ceiling (feat. SKYTOPIA)」リリース&MV公開

2020.10.14

Emi Satelliteの「Glass Ceiling (feat. SKYTOPIA)」が配信リリースされた。歌謡エレクトロユニット・Satellite Youngを主宰してきた草野絵美が2020年にスタートしたソロプロジェクト"Emi Satellite"。この「Glass Ceiling」(ガラスの天井)では、海外ディーバが歌うフェミニズムアンセムに感銘を受けてきた彼女が、映画『82年生まれ、キム・ジヨン』を見たことをきっかけに、自身も実際に感じてきた現代社会における女性の生き辛さやジェンダーギャップが埋まらない現状、そういったことにも負けずに未来に向かって進んでいこうというテーマで制作されたエンパワメントソングとなっている。

またサウンド制作にはロンドン出身の音楽プロデューサー・SKYTOPIAを迎え、Satellite Youngが追求してきたシンセウェーブと歌謡の要素を引き継ぎつつ、フューチャーベースやトラップ、ラップなども織り交ぜ時代にアップデートしたアレンジに仕上がっている。

なお、本日10月14日の夜には、ファミコン時代のギャルゲーをオマージュしたという同曲のMVも公開もされている。MVでは、女性性を消費する商品のものをあえてパロディし昇華することでフェミニズムを表現。映像内には実在するEmi Satelliteの友人らをモデルにしたキャラクターたちが登場する。



「Glass Ceiling (feat. SKYTOPIA)」各配信ストア : https://linkco.re/XRgdpuFT

Glass Ceiling (feat. SKYTOPIA)
  • 1: Glass Ceiling (feat. SKYTOPIA)

    Emi Satellite

Emi Satellite

Emi Satellite

1990年、東京生まれ。慶應義塾大学SFC 環境情報学部卒業。歌謡エレクトロユニットSatellite Youngを主宰。歌唱・作詞作曲・コンセプトワーク・MVディレクションを担当しており、2017年には世界最大の音楽フェス「SXSW」に出演。Adobe「Premier Rush CC」のWEB CMに起用されている他、BS日テレ「SENSORS」では、2018年度MCアシスタントを担当。2020年より、草野絵美からEmi Satellite 名義に変更しソロでの音楽を活動開始。

Emi Satelliteの他リリースはこちら(アーティストページ)