アーティスト向け制作費前払いサービス「PayNOAH Creation(ペイノア・クリエーション)」β版スタート

2020.7.21


アーティスト向け制作費前払いサービス「PayNOAH Creation(ペイノア・クリエーション)」β版スタート

株式会社ペイノアはアーティスト向けの制作費前払いサービス「PayNOAH Creation(ペイノア・クリエーション)」β版の提供を開始した。

PayNOAH Creationはアーティストが自由に活動をおこなうための制作費前払いサービスとなっており、「コンテンツ制作費」や「イベント制作費」、「プロモーション費」など様々なシチュエーションで利用できるものとなっている。前払いを受けるにはペイノアによる事前審査が必要となるが、2つの前払い方法から最適なものを選ぶことができるようになっている。前払いされたお金で制作した制作物の権利は100%アーティストに帰属する。

2つの前払い方法の一つはプロダクションアドバンスで、PayNOAH Creationを利用して制作するものの売り上げの一部を前払い。利用手数料は9,380円(年間)プラス前払い金額の20%。もう一つの方法はロイヤリティアドバンスで、既存の売り上げの一部を前払いする。利用手数料は9,380円(年間)プラス前払い金額の5%となっており、初期はTuneCore Japanの売り上げのみが対象だが今後対象ロイヤリティの種類は拡大予定となっている。


アーティスト向け制作費前払いサービス「PayNOAH Creation(ペイノア・クリエーション)」β版スタート

さらに、利用アーティストだけが受けられる契約書サポート(制作活動の際に利用頻度の高い契約書フォーマットを無償提供、マネジメント関連契約/著作権関連契約/会場使用契約などの制作全般に関わる基本的な契約書テンプレートを用意)と、無料弁護士相談(30分の個別電話相談が弁護士から受けられる)の2つのリーガルサポートの特典も用意されている。


アーティスト向け制作費前払いサービス「PayNOAH Creation(ペイノア・クリエーション)」β版スタート

また、ペイノア社は同時にアーティスト向けの福利厚生プログラム「PayNOAH PASSPORT(ペイノア・パスポート)」もスタート。これはPayNOAHユーザーだけが利用できるアーティスト向けの福利厚生プログラムとなっており、Addictone、CAMPFIRE、COMP、Fullest、INDOR、SHISHA CAFE&BAR いわしくらぶ、JPU Records、モノオク、NOW ROOM、特定非営利活動法人日本アーティスト協会といったサービスのディスカウント利用やサポートなどを受けることができる。


アーティスト向け制作費前払いサービス「PayNOAH Creation(ペイノア・クリエーション)」β版スタート

 
ペイノア CEO 小林 秀氏コメント

社会はデジタルでアップデートされ続けている。アーティストも例外ではありません。個人のクリエイションをファンに直接届けられる。一緒に創作活動をする仲間も簡単に探せる。様々な決定権を自分自身で持てる。その結果、どこかに所属する必要性がなくなる。
でも、頭ではわかっていても、それらが簡単に出来ない理由は「お金」でした。
だから、『制作費前払い』というアーティストにとっての新しい資金調達方法によって、自身が持つ才能と可能性を担保に、誰に縛られることなく、創作活動に没頭できる環境を提供します。もっと、つくろう!

 
PayNOAH Creation : https://paynoah.inc/creation/

PayNOAH PASSPORT 各種提携サービスの詳細情報 : https://note.com/paynoah/n/n7491d0c3cc29

PayNOAH : https://paynoah.inc/

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/