海外活動を目指すアーティストを資金面からサポートするサービス「PayNOAH(ペイノア)」提供スタート

2019.11.28

アーティスト向けの補助金前払いサービス「PayNOAH(ペイノア)」が提供開始となった。

株式会社ペイノアが手がける本サービスは、アーティストやコンテンツホルダーが申請できる経済産業省の「コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金(J-LOD)」や国際交流基金等を対象とし、本来は渡航後にもらえる補助金を一部前払いをするサービスを提供する(補助金を受領するためには各補助金給付団体による審査有)。

これまで申請し審査を通っても、海外公演を行った後など補助金が支給されるまで資金の捻出に苦労していたアーティストにとっては嬉しい仕組みだ。

また、PayNOAHではヒアリングをもとに補助金の申請代行から、事後清算までをトータルサポートする。金銭的理由で海外での活動を断念する可能性を減らし、日本から世界へ挑戦するアーティストを応援していくという。

【PayNOAHの特徴】

1. 海外活動費の最大2/3の補助金がもらえる
各補助金給付団体が定める申請基準に応じて、海外での活動費(渡航費や宿泊費、イベント会場のレンタル代、VISA申請代、機材運搬代など)の最大2/3が補助金としてもらえる。
※もらえる補助金のうち、80%をペイノアから前払いし(弊社手数料別途相殺)、残りの20%を帰国後にアーティストに支払う。

2. 面倒な手続きが不要
サイトからエントリーフォームを入力後、アーティストへのヒアリングを実施。それをもとに補助金の申請や清算などはペイノアが代行する。

3. 海外活動全体を手厚くサポート
これまでに数百件以上のJ-LODの申請/海外活動のサポートをしてきたペイノアチーム(現在も活動中のアーティスも在籍)が、補助金だけではなく海外で活動するための様々なアドバイスを行う。


海外活動を志向するアーティストの資金面をサポートするサービス「PayNOAH(ペイノア)」提供スタート

すでに、アーティスト/クリエイターの利用実績もあり、PayNOAHのWebサイトにはPayNOAHの活用によって海外活動の幅が広がったという声が寄せられている。

<株式会社ペイノア CEO 小林 秀 コメント>
僕たちアーティストは「才能と可能性」を担保に、お金を支払うタイミングや貰うタイミングを変えることが出来る。国境、人種、プロとアマ、ありとあらゆる境界がなくなりつつあるこの時代。今日レコーディングした作品が明日には遥か海を越えるなんてことが当たり前に起こるようになったからこそ、お金を理由に大きなチャンスを逃さないでほしいと考えました。PayNOAHは、ファイナンス領域の困りごとをテクノロジーで解決するのではなく、アイデアでハックする”フィンハック”サービスとして世界に挑戦するアーティストを応援していきます。さぁ、世界へ漕ぎだそう。

 

PayNOAH
https://paynoah.inc/

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/