【Who’s NXT】玉名ラーメン

2019.7.14

ストリーミングネイティブのミュージシャンも次々とあらわれ、才能高きものたちはジャンルやシーン、国境さえも関係なく旧来の枠組みを軽々と飛び越えながら自らの表現欲求をストレートに詰め込んだ作品をスピーディー&ダイレクトにリスナーへ発信している。

そんな要注目のup-and-comerアーティストをエディターピックアップ = Who’s NXT(next)

 
今回の Who’s NXT アーティストは、7月14日に2nd EP『organ』をリリースした現役女子高生アーティスト/プロデューサー 玉名ラーメン (たまならーめん)

 


【Who’s NXT】玉名ラーメン

 
【Biography】

東京出身の18歳。

独自の感覚とセンスで、まだ見ぬ風景を奏でる現役女子高生アーティスト兼プロデューサー 。

主に東京で活動。

今年2月にEP『空気』を配信リリースし、アブストラクトで個性的な音像に、ポエトリーライクな浮遊感漂うラップがのるサウンドと文学的な詩の世界に早くも注目が集まり、各所プレイリストでピックアップされる。


『空気』各配信ストア : https://linkco.re/fBAc2mtN

 
さらに、楽曲「01」はApple Musicによる日本の音楽シーンの進化の鍵を握るアーティストをキュレートしたプレイリスト「令和 サウンド: J-POP」に名だたるアーティストと共に全くのインディーながら選曲された。

 
 
 
——音楽に興味をもち自分で活動することになったきっかけを教えてください。

音楽は言語とかがわからなくても何かが通じる瞬間がたくさんあって、そういうものにわたしは救われてきました。あるとき、自分の内なるものを形にしようとその輪郭をなぞっていたら、音楽という形態が自分の肌感覚にあっていたからです。

 
 
 
——7月14日に2nd EP『organ』がリリースとなりましたね。

時代のつなぎ目、忘却すること、届かない距離(時間)にあるすべてのものについてを考えながら制作しました。

 

『organ』 各配信ストア : https://linkco.re/rRCXUnvn

 

この投稿をInstagramで見る

18 になった🌬sanctuary 〰︎

玉名ラーメンさん(@tamanaramen)がシェアした投稿 –

 
 
 
——楽曲制作はどのようにされていますか?

外を散歩しているときにアイディアが浮かんだら詩を書き、お風呂洗いをしてる時とかの鼻歌でメロディが思いつき、家のリビングで一人言を繰り返しながらPCに打ち込み、録音をして、曲を作ります。

楽曲制作、レコーディング、配信までを全て自分で行っています。

 

「柔らかい」各配信ストア : https://linkco.re/cY4aXbrh

 

「my summer memories」各配信ストア : https://linkco.re/teH0Y2uB

 
 
 
——音楽活動をする上で、共感する、リスペクトするアーティストは?

 
Frank Ocean

 
KOHH

 
坂本龍一

 
 
 
——影響を受けた楽曲を教えてください。

「Mystery of Love」Sufjan Stevens

この曲を聴いていると目の前に澄んだ空気と草原が広がているようで、同時に不思議とどこか悲しげでまだ見ぬ楽園みたいなものを感じる。サウンドの壮大さ、浮遊するような感覚が好き。

 
 
 
「Kyomi」XXX

韓国語の歌詞が全くわからないが、声とラップが音としてリズムとしてすごく心地良い。トラックの音色も、流行りとは関係のない、XXXの世界観を強く提示しているところもかっこいいと思う。

 
 
 
「MOTHERHOOD [YGK004]」bod [包家巷]

初めて聴いた時、衝撃が走った。言葉にうまくできないし、理由がいらないくらい好き。音という波が見えた気がしたし、音楽は自由でいいんだと思った。

 
 
 
「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK(L1Remix)」宇多田ヒカル

ベトナム中国韓国のラッパーが参加していて、国をまたいで音楽で繋がれるんだ、国境はないということを再確認できた。それを宇多田ヒカルという国民的な歌手が堂々と提示していることがめちゃくちゃかっこいいなと思った。この曲の歌詞もトラックも最高!

 
 
 
「夜に失くす feat. ゆるふわギャング (Ryugo Ishida, Sophiee)」SALU

風景描写が淡々と続くラップがあるところに痺れた。そして夜に踊る感覚が楽曲全体に充満していてる感じが好き。

 
 
 
「DNA ☤ ∞」Aïsha Devi

言葉にできないような、いわば細胞みたいなちっさい部分の蠢きが、音として響いている気がする。音楽だからできる表現だなと思った。

 
 
 
——音楽活動において意識していることは?

時間という大きな地図の中で、瞬間瞬間にピンを止めていくような作業が、わたしの楽曲制作の形態に似ている気がします。

「今」に対して感じる違和感と留めたいと思う瞬間(それは幸せなこともそうだし、悲しみとか寂しさとか辛さも含めて)についてを、自分というフィルターを濾して、音色にしています。

 
「Raisins」玉名ラーメン

 
 
 
——告知などがあれば。

New release 2nd EP『organ』のzine付きフィジカルリリースが8月に予定されています。ぜひチェックしてみてください!

 

 

玉名ラーメン
Twitter
Instagram
SoundCloud
YouTube
TuneCore Japan


【Who’s NXT】玉名ラーメン

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/