NEE インタビュー | 各所から注目度急上昇中、ジャンルの概念にとらわれずマイペースに進化するバンド【Who’s NXT】

2020.8.19


NEE インタビュー | 各所から注目度急上昇、ジャンルの概念にとらわれずマイペースに進化するバンド【Who's NXT】

4人組バンドNEE。作詞・作曲を手がけるくぅの”中毒性がある”と評される楽曲とともに、ライブハウスシーンでも高い支持を得ており、先日4thシングル「JINRUI」をリリース。アニメーションをこむぎこ2000が手がけた収録曲「不革命前夜」のMVは公開から1週間で40万回近く再生され、現在も再生数は日々増加中。ストリーミングサービスではApple Music”ブレイキング:J-ロック”をはじめ複数のビッグプレイリストでピックアップされ、さらに、音楽好きな著名人もNEEの楽曲をSNSでシェアするなど、各所でその存在感は急速に高まっている。

メンバー : くぅ(Gt./Vo.)、タ日(Gt.)、かほ(Ba.)、大樹(Dr.)

Who’s NXT : A series of interviews with featured artists


——メンバーのみなさんの自己紹介をお願いします。

くぅ : ギター、ボーカルです。21歳。

夕日 : ギターと滾りの夕日です!22歳、B型、男です。

かほ : ベースのかほです!22歳です、女です!

大樹 : 大樹です!26歳、蟹座です!

 
——NEEのみなさんの、音楽への最初の入りを教えてください。

くぅ : 音楽に興味を持ったきっかけは母親にインストのジャズライブに連れて行って貰ったのがきっかけです。初めはドラムから楽器を触り始めましたが半年ほど経ったらギターにも興味を持ち、ギターもやり始めました。

夕日 : 幼い頃からGorillazやRed Hot Chili Peppersを聞いて育っていて、音楽に馴染みのある生活を送ってました。小6のときにマキシマム ザ ホルモン、Slipknotにどハマりしてメタルギタリストとして目覚めました。そこからたくさん音楽を聴いて今に至ります。

かほ : 小6の時にブルーハーツにハマって、音楽を聴きはじめました。当時は思春期真っ只中で色々辛い時期だったんですけど、ブルーハーツにずーーっと救われてました。

大樹 : 小学の頃は当時の流行ってた歌を熱唱してましたが、中学で木村カエラに恋をしました。そこで木村カエラの曲を聴きバンド、そしてドラムに興味を持ちました。

 
——NEEはどういった経緯で結成されたんでしょうか?

くぅ : NEEを結成したのは僕がバンドをやりたいと東京へ上京し、始まりました。ドラムの大樹は出会い系アプリで最初に知り合い、ベースのかほはライブハウスで仲良くなり次のメンバーになり、ギターの夕日はライブのMCでメンバー募集してる事を言ったら1番に手を挙げてくれたので仲間に入れました。

 
——NEEは現在どの辺りを中心に活動していますか?

くぅ : 東京中心で、下北沢、新宿などでライブをしています。


NEE インタビュー | 各所から注目度急上昇中、ジャンルの概念にとらわれずマイペースに進化するバンド

 
——最新作を教えてください。

くぅ : 4th single「JINRUI」を8月9日にリリースしました。僕の作りたい曲に1番寄せられたかなって思うし、音質やクオリティ、今までのリリースで1番満足出来る作品です。聴きどころは……全部です!

夕日 : NEEの中でもいろいろ実験的な要素が多くて、レコーディングしてミックスが終わるまでどんな曲に仕上がるかドキドキしました(笑)。エンジニアさんにお願いしてパン振りやエフェクトを工夫してもらったり、ギターの音作りとかにもかなりこだわったのでていい仕上がりになったと思います。

かほ : 一番良いスタジオでレコーディングして音もすっごく良いです!NEEっぽさが全開の、音数が多いシングルなのでそこが聞きどころです。

大樹 : まさにNEEっぽさのあるシングルになりました。いい意味で気持ち悪さのある曲もあり、キャッチーな曲もあるので十分に楽しんでいただけるのではないかと思います!


NEE インタビュー | 各所から注目度急上昇中、ジャンルの概念にとらわれずマイペースに進化するバンド【Who's NXT】

「JINRUI」各配信ストア : https://linkco.re/RbPruQm1

 

 
——また、これまでのリリースでオススメのある楽曲をあげるならどれになりますか?

くぅ : 「ボキは最強」です。曲の進行、メロディ、転調など楽しく聞ける楽曲だと思います!

 
——作曲はくぅさんが手がけているとのことですが、楽曲の制作はどのようにされていますか?

くぅ : 自分の部屋でパソコンに向かって打ち込みで作ってます。

 
——NEEのことをまだ知らない人に、その特徴を伝えるとするならば?

くぅ : 変わった音楽、耳に残る気持ちの悪いキャッチーさ、ジャンルの概念に囚われないバンドです。一言で表したら、”キモ!チー!”

夕日 : 自分で言うのもあれだけど死ぬほど素直です。音というエネルギーを与えてくれた神様に感謝して、それをバンドという媒体を使ってどうすれば心地よく皆さんに届けられるかを考えてます。まだまだこれからも発展していきます!要チェック。

かほ : 枠やジャンルに囚われず、今好きな音楽をし続けているバンドだと思います。実際NEEの曲のジャンルは多岐に渡るので、色んなことをこのメンバーとやって行けたらと思います。

大樹 : ジャンルは定まってないバンドですので様々な気分になれます。聴いてて面白いです!


NEE インタビュー | 各所から注目度急上昇中、ジャンルの概念にとらわれずマイペースに進化するバンド

 
——NEEのみなさんが影響を受けたアーティストをそれぞれ教えてください。

くぅ : ORANGE RANGE、湘南乃風、ARARE、CHEHON、HIBIKILLA、nobodyknows+、RIP SLYME、RADWIMPS、ゲスの極み乙女。、米津玄師、toe、島崎智子、カネコアヤノ、相対性理論、神聖かまってちゃん、plenty、indigo jam unit、羽生まゐご、ハチ、黒うさP、Brothers Moving、たま、RCサクセション、Gregory And The Hawk などです。

夕日 : まずRed Hot Chili Peppers、Slipknot、Beck Hansen、Oceans Ate Alaskaなど。邦楽だとFACTやPerfume、東京事変などです。死ぬほどいろんな音楽に影響受けてます。あとはThe BeatlesやLed Zeppelinとか昔のUKもかなり僕の青春が詰まってます。ギタリストとしては間違いなくJohn Fruscianteに絶大な雷を打たれています。愛してます。

かほ : 影響を受けたアーティストは、ブルーハーツ、銀杏BOYZ、神聖かまってちゃんです!この3バンドがなかったら私は確実に学校行けてなかったです。

大樹 : 木村カエラ、Hi-STANDARD、マキシマム ザ ホルモン、toe、aiko、安室奈美恵、DESCENDENTS、カーペンターズ、ANARCHY、KID FRESINOなどです!

 
——曲でいうとどういう楽曲に影響を受けましたか?

くう :

ORANGE RANGE – papa

 
RADWIMPS – おしゃかしゃま

 
nobodyknows+ – エル・ミラドール〜展望台の唄〜

 

夕日 :

Red Hot Chili Peppersの「Can’t Stop」です。ベタですがメタル信者だった僕にギターの木の鳴りを教えてくれた最高な曲です。愛してます。

 
Slipknotの「Eyeless」はもう泣きメロすぎます。家一つくらい壊したくなります。良くも悪くも僕に衝動をたくさん教えてくれました。

急にコンタクト外れたのでこんなもんにしときます。気になったら直接聞いてください。

 

かほ :

銀杏BOYZ – もしも君が泣くならば

とにかく音が大好きです!歪んでて超大きくて何もかも最高。

 
大森靖子 – エンドレスダンス

歌詞が大大大好きです。女の子を歌った曲の中で世界一だと思います。

 

大樹 :

木村カエラ – yellow

この曲でドラムに目覚めました。スネアの音といいビート感も今でも大好きです!

 
aiko – beat

高校生の時好きだった女の子がこれ叩いたらかっこいいよって言われて練習しました。無理でした。

 
Hi-STANDARD – In The Brightly Moonlight

全曲好きですがパンクでもありお洒落な部分もあり特に好きです!

 
——みなさんが音楽活動をする上で、何か特に心がけていることはありますか?

くぅ : とにかくライブパフォーマンスが大切なバンドなので一つ一つの曲のクオリティを上げる練習をしています。曲を作る時の考え方はとにかく自分が惚れ込むまで時間をかけて“作りたいものを作る”です。

夕日 : アーティストとしての火を絶やさない様にしています。メンタル弱いのでちょっとでも嫌なこと見ちゃうと心折れがちですが、過去に受けたいろんな衝動だったり応援してくれる人の為に自分らしくいられる様に心の支えとしてたくさん練習してます。

かほ : 最近はベースの大事さを再確認しまして、とにかくリズム崩れないように頑張りたい!と思って練習しています。リズム崩さないようにしなきゃ!ってスタンスで今はやってます。

大樹 : 自分はドラムですので心地よいリズムキープとパフォーマンスをより磨いて日々精進していきたいと思っております。フロントの3人が安心して演奏してくれるのがベストです!ネガティブな発言は控えてます。

 
——そういった中で特にリスペクトや共感するミュージシャンがいたりしますか?

夕日 : 僕は、さっきも触れましたが特にJohn Fruscianteが神様です!共感とかは到底できないけど、僕にロックの在り方や死ぬほどかっこいい部分やダサい部分を教えてくれました。彼の様にめちゃ広いステージでめちゃめちゃ気持ち良さそうにギターを弾きたいと言う気持ちがずっと僕のモチベーションになってます。もうやばい、言葉にできない。彼は神様です。愛してます。

 
——今の音楽を取り巻く環境やシーンなどについて、何か感じることはありますか?

くぅ : 音楽にも時代や歴史があるので面白いなぁって思います。

夕日 : 昔のようなメディアの露出の仕方が難しい部分もありそうですが、個人単位でインフルエンサーになれたりしてまさに実力で勝ち取った本物の人たちをたくさん見つけられる時代になったなと思います。その分日々新しい刺激を受けるのでなかなか油断できないです。グループのコンテンツ性も大事ですが、同様に1人の人間としての価値とめちゃめちゃ大事だなと思います。

かほ : SNSの普及により、本当に良い物がすぐに見つけられやすい時代だと思っています。

大樹 : 昔のバンドシーンとはまた違ったいいシーンだと思ってます!


NEE インタビュー | 各所から注目度急上昇中、ジャンルの概念にとらわれずマイペースに進化するバンド

 
——今後の活動の展望や予定について教えてください。

くぅ : 音楽界の王になります!

夕日 : 仙人の如くギターが上手くなりたいです。くらま(くぅのソロプロジェクト名義:村上蔵馬)が作る曲をもっと良くしていくことに僕は専念します。それまで家で1日8時間ギター練習します。

かほ : 夢は紅白です!

大樹 : 90歳までドラム叩ければ幸いです!

 
——最後にメッセージを。

くぅ : NEEはこれからも変わっていきます。みなさんにとって良いか悪いかは分からないけどマイペースに進化していきます!

夕日 : NEEは果てるまで音楽を追求していくバンドです。どんどん音源リリースして行くのでたくさん聴いてください!僕も気引き締めるのでみなさんも気引き締めてください!

かほ : 見たこともないような面白いことNEEでたくさんやっていきたいです。演奏上手くなれるよう沢山練習します!

大樹 : これからももっとさまざまな曲が生まれると思います。乞うご期待ください!自分たちも頑張ります!


NEE インタビュー | 各所から注目度急上昇中、ジャンルの概念にとらわれずマイペースに進化するバンド

 

NEE
Twitter
Instagram
YouTube

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/