音楽ハッカソン「MUSIC HACK DAY TOKYO 2019」開催決定、音楽系クリエイター募集

2019.6.15

7月12日〜14日に音楽をテーマとしたソフトウェア開発イベント=ハッカソン、「MUSIC HACK DAY TOKYO 2019」が開催される。

音楽とテクノロジーを繋ぐ場となることを目指すMUSIC HACK DAYは世界13ヶ国20都市で行われてるハッカソンで、アーティストからデザイナー、プログラマー、デベロッパーが集まり、音楽を主題に24時間で開発を行うイベント。

今回の「MUSIC HACK DAY TOKYO 2019」は、「テクノロジーで音楽表現をアップデート」がテーマ。

現在、審査員には、市原えつこ(メディアアーティスト / 妄想インベンター)、島田侑治(VR/AR/MRエンジニア兼システムエンジニア兼フォトグラファー)がアナウンスされており、エキシビジョン・クリエイターとして藤原麻里菜(メイカー、文筆家、映像作家)も参加する。

現在ハッカソン参加クリエイターを募集中。募集するのは音楽に関わるor音楽好きなクリエイターであればOKとのことで、プログラマー、システムエンジニア、デザイナー、イラストレーター、サウンドクリエイター、ミュージシャン、プランナー、ディレクターとなっている。そのような仕事をしながら音楽活動を行っているアーティストにも向いているイベントだろう。

開催場所はLINE社(新宿)となっており、開発当日となる7月13日、14日は両日とも10:00開始、21:00終了予定となっている。7月12日には、レコチョク社(渋谷)で前夜祭が行われる。

応募は下記イベント公式Peatixから受け付けている。
https://musichackdaytokyo2019.peatix.com/view

 
MUSIC HACK DAY TOKYO
Official Website
Twitter
Facebook

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/