LINE MUSIC 年間ランキング2021を発表、インディペンデントアーティストも続々選出

2021.12.1

LINE MUSICの「LINE MUSIC 年間ランキング2021」と「トレンドアワード」が発表された(集計期間:2021年1月1日~11月10日)。

楽曲ランキング、アーティストランキングともにBTSが1位となり、YOASOBIや優里、Awesome City Clubなど今年のチャートを賑わせたアーティストがランクインする中、インディペンデント関連の作品も続々とランクイン。再生ランキングTOP100には、BLOOM VASEやChinozo、yama、JP THE WAVYらが台頭。
 

 
また、今回から新設された「トレンドアワード」の15組においては同じくBLOOM VASE、Chinozo、JP THE WAVY、LEX、たかやんが選出されている。


LINE MUSIC 年間ランキング2021を発表、インディペンデントアーティストも続々選出

その他、LINE MUSICにおける年間での、最も聴かれたアーティストTOP10、着うた©/BGM/カラオケランキングTOP10なども発表となっている。

 
年間ランキング特設ページ
https://music.line.me/lp/cp/2021ranking.html

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/