ラッパー・Russ、ストリーミングから得た1週間の収益をSNSで公開

2020.11.19

インディペンデントなスタンスでアトランタを拠点に活動するラッパーRussが先日11月10日、1週間にストリーミングで得た収益をSNSで明らかにした。

TuneCore(US)を使用し楽曲を配信しているRussは、その投稿で1週間あたり$89,704と$107,396の収益を得ていることを示すTuneCoreの管理画面のスクリーンショットをアップ。日本円にすると、それぞれ約930万円、約1,110万円という驚きの額だ。

インディペンデント・アーティストとして最も成功している一人として知られるRussは、以前にも1曲で約1億円の収益を得ていることを示すポストをしており、2019年には『フォーブス』の世界に多大な影響を与え次代を牽引する30歳未満の若者30人を選出した「30 Under 30」の音楽部門に選出されたこともある。

 
▼Russについてのコラム

 
Russは11月17日にDJ PremierやBusta Rhymes、Benny The Butcherなどを迎えたNew EP『CHOMP』をリリースしており、SpotifyのRussのアーティストページを見てみると現在月間リスナーが1,300万人以上おり、億の再生回数を超える楽曲がズラリと並んでいる。


ラッパー・Russ、ストリーミングから得られる毎週の収益をSNSで公開

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/