飽和状態のミュージックビデオ市場を勝ち抜く施策|Yahoo! JAPANタイムラインの活用

2019.9.25

近年、スマートフォンやタブレット等で簡単に撮影/編集を行い、高クオリティなミュージックビデオを作成できるようになりました。アーティストにとって、自分の音楽や世界観を表現しやすくなり、非常にいい環境だと思います。それに伴いYouTube等の動画配信サイトでは毎日、数えきれないほどのミュージックビデオが公開されています。

このような現状では時間やコストをかけてミュージックビデオを製作しても、より多くのリスナーにリーチし、再生数を稼ぐことは容易ではありません。さらにSNS等で告知をしても、元々フォロワーの少ないアーティストの場合、新たなファンを獲得することも難しいでしょう。また本格的に新規層の獲得を狙うと、マーケティング等、純粋なアーティスト活動以外の作業やコストがかかってしまい苦戦してるアーティストの方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな現状を打破する手段になりうる、Yahoo! JAPANのタイムラインの活用方法を事例を交えてご紹介します。

 

Yahoo! JAPAN タイムラインとは



Yahoo! JAPANトップのWeb・アプリに表示される縦スクロールのページです。このタイムラインには動画枠が存在し、この枠で自動で動画コンテンツが再生されます。こちらに掲載されるために特別な作業は必要なく、GYAO!に配信されていれば自動で配信されます。そこからフル尺の動画へ遷移させることも可能です(GYAO!にはVideo Kicksより配信可能です)。

このYahoo! JAPANタイムラインは全ユーザー同じ動画が表示されるわけではありません。ユーザーが過去に閲覧した記事や動画、行動ログから趣味趣向データを分析し、当該動画コンテンツと相性の良いユーザーをマッチングし、掲出されます。

動画コンテンツの内容はGYAO!の「番組のキャッチ」と「ビデオのキャッチ」から判断されています。「番組のキャッチ」はアーティストの説明、「ビデオのキャッチ」はその動画の説明に当たります。この二つのキャッチに記載された文章や単語を分析し、ユーザーの趣味趣向と近い映像が表示されます。

つまりYahoo! JAPANの膨大なユーザーの中から、あなたのコンテンツを好きになる可能性の高いユーザーをシステムが判別し、表示されるということです。

 

より露出を増やすには

Yahoo!タイムラインへの掲載枠にも限りがあるため、全ての映像が均等に表示される訳ではありません。Yahoo!タイムラインへの露出を増やすコツはシンプルです。Video Kicksでミュージックビデオを配信する際に、GYAO!の「番組のキャッチ」「ビデオのキャッチ」を充実させることです。GYAO!の番組のキャッチは100文字、ビデオのキャッチは300文字設定することができます。そのなかでいかに自分たちのコンテンツの魅力を伝えるかが重要です。

ロックバンド「シャムキャッツ」の事例

実際にYahoo!タイムラインに多く露出し、1ヵ月の間で数百万回再生されたシャムキャッツの「完熟宣言」の事例を用いて解説していきます。

 

番組のキャッチ

常に挑戦的に音楽性を変えながら日本語によるオルタナティブロックの探求とインデペンデントなバンド運営を主軸に活動。12月13日に新木場STUDIO COASTでデビュー10周年記念ライブを開催予定。(98文字)

 

ビデオのキャッチ

2018年11月21日にリリースされたアルバム『Virgin Graffiti』よりライブでも定番「完熟宣言」のミュージックビデオを公開! バンド史上初めてメンバー全員でボーカルをとるこの楽曲は、チームを離れたスタッフに向けられて制作された。 世の中の人が感じている、当たり前だった色々なことが徐々に無くなっていく喪失感の中で、シャムキャッツは「それでもやっていこうぜ」とエールを送り続ける。 MVの監督・撮影・編集を手がけるのは、Mac Demarcoのオフィシャル・フォトグラファーとしての活動を中心に多方面で活躍するライター・フォトグラファーのYuki Kikuchi。(288文字)

実際のページはこちら



こちらの事例をみてもわかるように、番組/ビデオのキャッチの内容を充実させ、アーティスト/ミュージックビデオをできる限り詳細に紹介しています。GYAO!のキャッチでは、企業名やURL、販売価格を入力することは禁止されていますが、リリース日やライブ情報は入力することができます。これらの規定に従い、ライブ情報やディレクターの活動歴、受賞歴などを記載し、コンテンツの魅力を余すことなく伝えましょう。そうすることでより多くの興味を持ちそうなユーザーにリーチすることができます。

 

まとめ

Yahoo! JAPAN タイムラインへの露出で重要なことは以下の2点です。

  • GYAO!の「番組/ビデオのキャッチ」を充実させ、文字数限界まで入力する。
  • アーティスト/コンテンツを詳細かつ明確に記載する。

このGYAO!のキャッチは入力しなくても自動で生成され、配信できてしまうので見落としがちですが、一手間加えるだけで、あなたのミュージックビデオは何倍ものユーザーに届くかもしれません。

皆様の中にもミュージックビデオを作ったはいいものの再生回数は伸びず、再生してくれているのも身内だけ、、なんて状態で悩んでいる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ミュージックビデオは使い方次第では告知はもちろん、新たな収益の柱ともなりえます。今回ご紹介したYahoo!タイムラインでの再生も収益の対象となります。まだストアで配信したことのない方はもちろん、無料で見れるから、、とGYAO!への配信を避けていた皆様も、せっかく作ったミュージックビデオをまだあなたのことを知らないユーザーへ届ける一つの手段として、ぜひご活用ください。

GYAO!でミュージックビデオを配信する場合はこちらから


 



シャムキャッツ
メンバー全員が高校三年生時に浦安にて結成。
2009年のデビュー以降、常に挑戦的に音楽性を変えながらも、あくまで日本語によるオルタナティブロックの探求とインディペンデントなバンド運営を主軸において活動してきたギターポップバンド。サウンドはリアルでグルーヴィー。ブルーなメロディと日常を切り取った詞世界が特徴。12月13日に新木場STUDIO COASTでデビュー10周年記念ライブを開催予定。

HP
Twitter
Instgram
TuneCore Japan

この記事の執筆者

Video Kicks

VideoKicksは、ミュージックビデオをiTunes, Apple Music, GYAO!など、世界100ヵ国以上のビデオ配信ストアで配信/販売できるサービス。 Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/video_kicks