DJ CHIN-NEN インタビュー | 20年のキャリアを経てなおフレッシュにクリエイティブを発信するDJ・プロデューサー【IYOW 】

2019.12.6


DJ CHIN-NEN

DJとしてキャリアをスタートし、4年におよぶUSでの活動もはさみながら、シーンで変わらずアクティブに活動を続けるDJ/プロデューサーの DJ CHIN-NEN。レギュラーイベントはもちろんフェスやラジオ、HipHop番組への出演でも知られ、アーティストからの支持も厚い。KEN THE 390やYmagik、NOBUらの楽曲プロデュースも行い、昨今は自身の楽曲もリリース。12月6日には自身名義での待望の2nd シングル「I SWEAR (feat. Rashel)」を発表。

IYOW : A series of interviews with featured beat makers / producers / composers


DJ CHIN-NEN

99年、地元横浜・渋谷エリアを中心にDJ活動をスタート。スキルアップを重ねていく中、2006年渡米。2010年帰国に至るまでの約4年間、DJ活動を本場NYで重ねてきた。

現在、国内国外合わせ年間300本以上のギグをこなし、渋谷・六本木をベースに、札幌、新潟、名古屋のレギュラーパーティを持つ。近年は、これまでの蓄積した経験を活かし、KEN THE 390やYmagik、NOBUをはじめ、楽曲プロデュースを積極的に行い、自身名義初のシングルをリリース。2019年は、HipHop専門ラジオWREP Radio、AbemaTVのAbemaMIXに出演。また、ブラック・ミュージックの巨大イベント「SOUL CAMP 2019」に出演。

【ディスコグラフィー】
2018年 4月 NOBU 「DON’T STOP THE PARTY」(Universal) ※REMIX提供
2018年 8月 KEN THE 390 「FUNK U UP」(Dream Boy) ※楽曲提供
2019年 1st Single「Movie Star」(Day’n’Night Records)

In 1999, started DJ activities mainly in the local Yokohama and Shibuya areas. He went to the United States in 2006 as he continued to improve his skills. For about four years before returning to Japan in 2010, DJ activities have overlapped with authentic NY. Currently, he has over 300 GIG a year, both domestic and overseas, with regular parties in Sapporo, Niigata and Nagoya based in Shibuya and Roppongi. In recent years, taking advantage of the experience accumulated so far, Ken The 390, Ymagik, NOBU, has been actively involved in music production, released the first single name. In 2019, he appeared on Hip Hop radio WREP Radio and AbemaTV’s AbemaMIX. He also appeared at the Black Music huge event “Soul Camp 2019”.

[Disc]
April 2018 NOBU “DON’T STOP THE PARTY” (Universal) ※Provided by REMIX
August 2018 KEN THE 390 “FUNK U UP” (Dream Boy) ※Music provided
2019 1st Single “Movie Star” (Day’n’Night Records)

 
——キャリアスタートのきっかけ

高校の同級生とラップグループを組んだ (DJ担当) のがきっかけです。当時は機材をそろえるのも一苦労だったし、レコードを買うお金も無かったので丸井金融さんによくお世話になってましたね……

 
——ターニングポイント

2006年に単身でニューヨークへ行ったのが大きなターニングポイントになっています。ブラックミュージックが好きで、ずっと都内を中心にDJ活動していたんですが、キャリアを積み重ねるにつれて音楽のこと、文化のこと、英語のことなどちゃんと向き合って本場で勉強したいと思って4年間渡米しました。

 
——最新作

2019年4月に1st Single DJ CHIN-NEN「MOVIE STAR (feat. Ymagik & KEN THE 390)」をリリースしました。

 
そして今回12月6日に2nd Single「I SWEAR (feat. Rashel)」をリリースします。

 
——キャリア当初の制作環境

Technics SL-1200MK3で、ミキサーは怪しいメーカーだったから覚えてませんね(笑)。あとはAKAI MPC 2000と、スピーカーはその辺で拾って来たバカでかいやつでした。

 
——現在の制作環境

アレンジャーのMAMBO Iと一緒にスタジオで制作しています。

 
——メインの機材

MacBook PRO Intel Core i7

 
——モニター環境

YAMAHA HS 50M

 
——使用音源

Kontakt
NIの定番ソフトサンプラー。サードパーティ音源もたくさん良いものありますが、純正音源ではHybrid Keysが最近のお気に入りです。

Serum
こちらも定番。旬なサウンドを作るなら外せません。主要なLeadやBassに使用しています。

808
Trapでも今もなお人気の808サウンド。ビート全般からKickやBassのサブトラックとしても使っています。

 
——使用プラグイン

Ozone9
デモやプレゼンなどセルフマスタリングでは必要不可欠です。

 
——ビートメイクポリシー

基本的には自分が通って来た音楽から作るようにしています。DJの現場に常に立っているのでトレンドな楽曲との距離が近いぶん、流行をしっかり分析しながら制作しています。

作るアーティストが決まっているときは自分とのセッションを楽しめるよう段階を踏んでコミュニケーションを取りながらアレンジするようにしています。ご飯とか行ったり、飲みに行ったりその人の自分が思う良いところを引き出せるように心がけています。

 
——最も影響を受けたプロデューサー/ビートメイカー

TEDDY RILEY ですね。

Pharrell Williams が師としたスーパープロデューサーであり、自身のグループやブラックストリートでの活動、プロデュースワークなど数多くの功績を残した説明不要な方ですね。

黒いというか、ストリートから発信された音って感じで大好きです!

 
——影響を受けた楽曲

SWV – Right Here (Human Nature Radio Mix)

この曲は幼い頃聞いてたマイケル・ジャクソンの大ヒット曲「ヒューマン・ネイチャー」がサンプリングされてて、「あれ!?どっかで聞いた事あるな!?」って思って初めて買ったレコードでもある思い出の一曲です。

 
Michael Jackson – Remember The Time

TEDDY RILEYがプロデューサーしたのもそうなんですが、神話に包まれてたMVと歌詞も良くて幼少の頃何回も見てた楽曲です。

 
Mary J. Blige – Everything

ジャム&ルイスがプロデュースのメアリーの代表曲でもあるこの曲。SUKIYAKIがこんなにエモーショナルでカッコいいアレンジになるなんて衝撃でした。

 
Ginuwine – Differences

この曲に出会って歌詞の内容を知りたくて英語の勉強をしようと思いました。運命なのか、この歌詞と同じように “My whole life has changed.”

 
Ymagik -TIME- Feat.Ben Bizzy

今一番大好きなアーティストYmagikのこの曲聞いて、「え、何人!?この人??」って思うほど衝撃でした。確実に世界に通用する日本人シンガーだと思います。

 
——My favorite works

abis / FOR MY SELF

大阪在住のシンガーソングライターでNew York時代の縁があって制作したんですが、「結局最後は自分次第、うまく行くのも失敗するのも自分と向き合って前に進むだけ」という曲です。

 
KEN THE 390 – Funk U Up

KENとは横浜時代からの縁があって、楽曲作ってるのを送ってて気に入った音源で制作した楽曲です。Patrice Rushen / Forget Me 使いのTALKBOXを入れて軽快なナンバーに仕上げました。

 
Info


DJ CHIN-NEN インタビュー |「自分が通って来た音楽から作るようにして」20年のキャリアを経てなおフレッシュなクリエイティブを発信するDJ / ビートメイカー【IYOW 】

DJ CHIN-NEN 2nd Single「I SWEAR (feat. Rashel)」
各配信ストア : https://linkco.re/ZmEEcSHA
 

12月6日リリース!!
DJ CHIN-NENが贈る極上アーバン・ソウル~スウィートR&B!
2ndシングル!すべての恋するあなたに捧げる本格派R&Bラブソング!

==============================

2019年師走、リアルなUSサウンド追求するDJ CHIN-NENプロデュースによる、本格派スウィート・バラードR&Bをリリース!
ゲストボーカルに世界を見据えて活動する新世代 実力派女性シンガーRashelをフィーチャー。ナイジェリア人と日本人のDNAを持つ彼女、類い稀なソウルネスを体感できるスウィートボイスは、本物志向のR&Bファンを魅了すること必至!

2019年4月リリースの1stシングル「Movie Star」はiTunes R&Bチャートでトップ10入りを果たし、サブスクリプションでは、今もなお拡散を続け、いまだロングセラー中!SNSでは、脅威のキラーとして、ブラック・ミュージック中毒者を唸らせた絶品曲との評価を集める。半年ぶりのリリースとなる本作は、またもや力強い楽曲が完成。けして懐古主義的に陥ることなく、近年のサウンドメイクをも意識した洗練したアレンジ、US R&Bとも引けをとらない卓越したセンスを披露。まさにブラック・ミュージック愛を注入した仕上がりに!Ella MaiやJhene Aiko好きにぜひオススメしたい、フィメール・R&Bの注目作!

 

DJ CHIN-NEN
Twitter
Instagram
Facebook
YouTube
SoundCloud
TuneCore Japan


DJ CHIN-NEN インタビュー | 20年のキャリアを経てなおフレッシュにクリエイティブを発信するDJ・プロデューサー【IYOW 】

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/