綿めぐみ | OBKR (Tokyo Recordings) がプロデュースするシンガー・ソングライターの素顔

2015.3.4


綿めぐみ | OBKR (Tokyo Recordings) がプロデュースするシンガー・ソングライターの素顔
綿めぐみ

今ネット上で話題の美少女シンガー、綿めぐみ。可愛らしい容姿とふわりとした雰囲気を纏っていながら、アイロニカルな歌詞をさらりと歌ってしまうミステリアスな“気になる”存在の彼女に、プロデューサーのOBKRさん(Tokyo Recordings)にも同席いただき、お話をうかがいました。


 

——取材受けるのは何回目ですか?

綿:うーん、初めて?

OBKR:や、2回目かな。俺らインタビューやったよね、Spincoasterの。

——そうでしたね。まず音楽のことからお聞きしたいのですが、そちらのインタビューでも綿さんとOBKRさんの出会いなどについてお話されていましたが、改めて綿さんの音楽活動の始まりを教えていただけますか?

綿:すごい長くなりますよね。

OBKR:そうだね。

綿:もともとお世話になっている会社の社長さんがいらっしゃって。私すごくアニメが好きなんですけれども。もともとは「とりあえずアニメ系のことをしたい」っていう話をしていたんです。そしたらある日、OBKRさんともう一人、曲を作っている酒本(信太)さんにお会いして、「めぐちゃん、歌を歌おう!」っていう話になったんですよ。本当にいきなり。私何にも聞いてなくて。それで、その週に一緒にカラオケに行きましたね。私の声も知らずに「曲を作ろう」って言ってた。

——その時はカラオケで何を歌われたんですか?

綿:えっと……。

OBKR:「God knows…」、「魂のルフラン」。

——「新世紀エヴァンゲリオン」ですね。

綿:そうです!

——その会社というのは、声優系?

綿:なんか色々やっている事務所で。何やってるんだろう(笑)。

OBKR:いろいろやってる事務所ですね。
 

——アルバム『災難だわ』についてですが、先日Spin Discoveryに行ったんです。

OBKR:お、マジっすか!

——そこで綿さんの初ライブも、N.O.R.K.も拝見してて。

OBKR:あはは、あれ俺っすよ。

——知ってます(笑)。だから実はその時に、お二人とも一度お会いしてるんです。その時発売になった『災難だわ』ですが、このアルバムが出来るまでのOBKRさんや酒本さんとのやり取りなど、経緯を教えていただけますか?

綿:「災難だわ」があって、「モンキージョージ」があって、「マザー」と、立て続けにレコーディングしましたね。
 

——曲作りはどのように?

OBKR:彼女はほとんど曲制作には関わっていないんです。酒本信太と僕が曲のタネを作って、その作ってきたものを投げて。その時って大体歌詞が出来ていないことが多いので、僕と彼女とで話しあいながら僕が歌詞を考えて、ガーッとレコーディングです。

——綿さんへのヒアリングがあったうえで書く歌詞は、やはり綿さんご自身のエピソードがもとになっているのでしょうか?

OBKR:9割くらいそうですね。バーッと喋るので、それを組み立てるという感じです。

——具体的にはどんな風に?

OBKR:質問攻めですね。「それどう思うの?」とか。もう面接みたいな感じです。一対一で。
 

——例えばこの曲はこういうエピソードがもとになっているっていうのはありますか?「マザー」など気になりますが。

綿:むしろ「マザー」くらいしか私の話じゃない感じですね。他はほとんどおぶっち(OBKR)が書いてるようなものなので。

OBKR:「ごはん」もそうじゃん。あと、「都会が嫌い」って言うから「都会」っていう曲が出来たり。

綿:あ、「ごはん」も。「マザー」は、ほんとうに私のお母さんの話なんですけど、私は母子家庭でお母さんがずっと働いてくれていて。朝ものすごい早く出て夜遅く帰ってくるという感じで。

OBKR :「いつかあなたが たまに早く帰った夜」って言う歌詞があるんですけど、「たまに早く帰る」ことってあんまりないじゃないですか、お母さんって。だからそれが母子家庭を少し匂わせてる……って、言ってないんですけどね、どこにも。めぐちゃん言っちゃった。(笑)

綿:言っちゃった。

OBKR:最後の「手作りのシチューとあたたかなおはようを」っていう歌詞も、お母さんの好物なんだっけ。

綿:私が好きな食べ物。

OBKR:あ、自分が好きなのか。「窓越しの姿が見えなくなるまでお母さんのこと見てる」とか歌詞で言ってるけど、なんだかんだいつも起きるのが遅いので「もし早く起きたらシチュー作ってあげる」っていう歌詞で。最後そういうオチなんです。

——いい子ですね(笑)。

綿:ふふふ。
 

——温かい歌詞ですよね。「ごはん」もそうですね。お姉さんがいらっしゃるんですか?

綿:そうです。

OBKR: 「お箸3つで完食」は、お母さんとめぐちゃんとお姉ちゃんっていう。

——なるほど。そういえば「山手線」って、どうしていきなり“田町”?(笑)

OBKR:あれ、オモロイっすよねえ。エピソード知ってるっけ?

綿:知らないかも。

OBKR:あれはですね、レーベル(OBKRさん主催のTokyoRecordings)のメンバーが、もうクソ酔っぱらってる時に「何か曲作ろうぜ!」って言って弾き出して。そのとき僕が歌の係だったんですよ。だからあのリリックはもうぜんぶ酔ったまま出たものです。

——そうなんですね!

OBKR:録音してる時に「突然の田町」っていう言葉がドワーって湧いて、「もうこれめんどくせえから、めぐちゃんのに入れようぜ」っていう。

綿:(笑)

——ということは、「マザー」や「ごはん」は別として、意外と綿さんご自身は歌詞が組み立てられるまでの経緯を知らなかったりするんですか?

綿:んー、そうですね。

OBKR:でも「災難だわ」もよく話したよね。

綿 :「災難だわ」は政治のこととか、いろいろ教えてもらいましたね。難しい感じの曲。

——村上春樹のスピーチ引用もあったり。

OBKR:そう、村上春樹「壁と卵」。これ、実はアルバム自体にストーリーがあって。アルバム中の短い曲とかでストーリー性をだしてるんですけど。最初は「世の中のことわかんなくて災難だ!」とか言って都会にでてみたりするんだけどやっぱりわからなくて、でも一回家に帰ってみたら「なんだ、お母さんがいるじゃん」と。「私はそっちを大事にしたい」と思って「頼むぞ革命家、私は泳ぐ」で「そういう外の世界は任せて、私は内なるもので生きていくわよ!」みたいな。で、「くよくよ悩んだってしょうがないじゃん」っていう「モンキージョージ」があるという。

—— なるほど。

OBKR:っていう、何というか映画的な作りをしていて。

——で、最後「山手線」と。

OBKR:そう、「突然の田町」です(笑)。ボーナストラックのような。

——「山手線」で綿さんと一緒に歌ってらっしゃるのは?

OBKR:俺っす。あれ一発録りだよね。

綿:うん。あと酒本さんも。みんなでやった感じですね。

OBKR:そうだね。CDのクレジットに「Chorus:東京トイプードルズ」っていうのがあるんですよ。この3人でやったのをてきとうに名前付けたんです。入稿したときにはすっかり忘れていて、「あれ?『東京トイプードルズ』なんていたっけ?あ、俺か。」ってなりました(笑)。

——クレジットを見ると、大勢の方が参加していますね。

OBKR:でも10人いかない感じですよ。

——作曲者ではなく歌い手として、綿さんはご自身の曲をどのようにとらえて歌っていますか?

綿:あんまり考えていないです。色々考えると、今の状況、適当っていうわけではないんですけど、ゆらゆらしてる感じがベストなんじゃないかなと思っているので。それを考えると自分じゃない自分が歌うことになってしまうので、そこは深入りしないですね。

 

——アートワークも可愛らしいですよね。

OBKR:はらだひかるちゃんですね。これ面白いんですよ。フリーソフトを使ってばっと描いていて。彼女は凄くセンスのある人ですね。今マルチネレコードでも描いてるんですよ。

——普段リスナーとして聴いている音楽はどんなものですか?

綿:いま一緒に共演している方とか、バンドとか、あまり曲を聴かなくて、アニソンしか聴かないです。

——いまは、何のアニメ番組がアツいですか?

綿:やっぱ「ペダル」(弱虫ペダル)がアツいですね。

——ペダルめっちゃヤバいですよね、熱が!スポーツアニメってなんであんなに面白いんでしょうね。

綿:すごいですよね。スポーツあんまり好きじゃないんですけど、面白い。あとはなんだろうな。「ゆいかおり」(声優の小倉唯と石原夏織によるユニット)ちゃんとか。昔のアニメがすごい好きなので、昔のアニソンばっかり聴くんですよ。

——ペダルの他は何か見てます?最近のアニメだと。

綿:「デュラ」(デュラララ!!)がアツくて!あれのせいで高校1年生ぐらいからずっと池袋に通うようになって、池袋大好きになっちゃいました(笑)。

——池袋はもう居心地いいですよね(笑)。

綿:居心地良いですよね。もう池袋にしか行かないです、私は。あとは「艦これ」(艦隊これくしょん)、「アイマス」(アイドルマスター シンデレラガールズ)、「ジョジョ」(ジョジョの奇妙な冒険)も楽しみにしてたんで。ジョジョのエジプト編とか。「ミルキィ」(ミルキィホームズ)も好きですね。三森すずこちゃんかわいい。あとは「ユリ熊嵐」。
 

——なにがきっかけでアニメ好きになったんですか?

綿:上の兄姉が昔っからアニメ好きだったんで。物心つく前からもうアニメしか見てなかったです。「コジコジ」とかその辺からだったんですけど。「シャーマンキング」とか。あれが初めて「腐女子なんだわ私」って気づかされた作品でした。

——なるほど。他のカルチャーで、漫画やゲームはどうです?

綿:漫画は読みますね。何でも読みますけど、最近買った漫画なんてタイトルだっけな、忘れちゃったな。最近発売されたやつで、アニメイトさんで面出ししてたんで、買ったんですけど。ファミレスの話で、45歳の男の人を17歳の女の子が好きになるってお話だったんですけど、それが「おう、いい話だ」って思いました。

——面出しされてるやつ見て、気になったら買うみたいな。

綿:そうですね、絵で買います。それと後ろのあらすじ見て買うかな。
 

——アニメや漫画の趣味はありますか?

綿:ないですね。

——音楽は基本的にご自身の活動だけで。

綿:そうです。

——これまでは音楽活動をしていたわけではなく、「綿めぐみ」はほんとうに突然始まったプロジェクトなんですね。

綿:突然はじまって、いまに至るみたいな。

——ライブは今日で何回目ですか?(※ライブ当日に本取材を実施)

綿:今日で人前に姿を現すのが3回目です。(笑)

——1回目の時は「緊張してます!」とおっしゃっていましたが…。

綿:緊張しました。かなり。

——ウォーターベッドとか使ってましたよね?

綿:思ってたよりもふかふかしていて転んじゃいそうになったので、しまいました。(笑)

——案外緊張しているようには見えなかったです。MCの時に後ろでOBKRさんが話してらしたのが印象的でした

綿:天の声、みたいな。

——1回目はオケだったと思うんですけど、バンドセットでやってみてどうでしたか?

綿:音が生きている感じがしてすごくいいなって思ったし、責任感が生まれました。バンドをやることに。

OBKR:でも今日はリハに遅刻したから(笑)。

綿:場所間違えちゃって、ほんとすいませんって感じで。

——1回目のライブはパジャマで歌ってましたよね。

綿:そうですそうです。またパジャマで歌いたいな、って実は思ってます。新しいくまのパジャマ買ったんで。

OBKR:そうなの?

綿:最初にくまのパジャマで出たいって話をしたじゃないですか。でもそれが発売されるのが遅くて。だからモコモコのパジャマでやったんですよ。でも、くまのパジャマが12月に入荷されたのを買ったんで、それで出たいなって。
 

——「頼むぞ革命家、私は泳ぐ」を配信されたのはなぜですか?

OBKR:アルバムの中のリード曲というか、まぁキャッチ―な曲を配信したかったんですよ。明日PV撮影するので、それに向けて知ってほしかった。アルバム買ってない人で、買いたいんだけど、何回か目通してもまだ買ってないって人に対するフックにしたかった。すごい戦略的な話になっちゃうんだけど(笑)。そういう理由でした。

——なんで「災難だわ」じゃないんだろうって思ってました。

OBKR :「災難だわ」はフリーでダウンロードできるんですよ。
 

——なるほど。綿さんにアニソンのタイアップも似合いそうですよね。

綿:アニソン歌いたいですね。

OBKR:ユリ熊嵐のオープニング、ぽいよね?

綿:ぽいですね。

——ボンジュール鈴木さん(ユリ熊嵐のオープニングテーマを担当している女性アーティスト)ですね。

綿:ほわほわしてる感じ。

——ちょっと話が戻るんですけど、綿さんがこういう音楽活動をする前は、どういうことをしていましたか?

綿:何にもやってなくて。高校生のときはずっと学校に行かずに家でひきこもってる感じで。

——話してて思うのは、意外と学校に行くとなにかにガーッと夢中になってる人ってあまりいないっていうことなんですけど。綿さんって、アニメがお好きじゃないですか?で、たとえば私たちは音楽が好きっていう風にしていると、いつの間にかちょっとまわりとずれてるんですよね。綿さんは、まわりの女の子と距離を感じる時ってありません?

綿:あります。高校生の時、「友達に会いに学校に行く」って言ってるクラスメイトがいたんですよ。ちょっとそれは理解できなかった。私はずっと保健室とかにいたんで。確かにずれますね。学校の人たちとあわないですね、波長が。たぶん自分がヘンなんですけど。もうまわりとはあわないまま過ごしてしまいました。最近もほんと、「友達とはなんだろう」っていうのが疑問で。辞書で「友達」を調べてました。

OBKR:もう哲学家じゃん!(笑)

——(笑) 綿さん、OBKRさん、本日はありがとうございました!


綿めぐみ
Apple Music
Spotify
TuneCore Japan

Tokyo Recordings
Official Website
Twitter
Facebook
YouTube

写真:菅野結花

この記事の執筆者

TuneCore Japan Official Ambassador

TuneCore Japan 公認 学生アンバサダー

https://amb.tunecore.co.jp/