Walkings | 憧れの地アメリカで夢に挑むバンドマンの歩む道と歩んできた道

2017.3.12


Walkings
Walkings – L to R : 吉田隼人(Ba.), 高田風(Vo.Gt.), 高梨貴志(Dr.)
 

ブルースやロックなどのルーツ・ミュージックを基軸に置きながらも、個々の演奏力の高さから生まれるソリッドで練度の高い音のうねりと抜群のグルーヴ感が魅力的なスリーピース・バンド、Walkings(ウォーキングス)。バンドのコンセプトである「全時代ロック」の名に相応しい実力、そして求心力を持つロック・バンドだ。

2017年3月13日から行われる世界最大の見本市SXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)のショーケースのひとつであるJapan Niteや、Japan Nite Preview Show 2017を含むアメリカ・ツアーを控える彼らに話をきいた。

 

Walkingsのなりたち

——Walkingsが現在の体制になるまでの来歴を教えてください。

吉田:高校の時に、俺と高田がSALADっていうバンドをやっていて、「ストファイHジェネ祭り」の全国大会に出たんですけど、そのときに貴志が当時やっていたGLIMALKINと関東代表として一緒になって知り合ったのが最初だよね。

高梨:そこから、遊ぶようになったよね。


高田:大会のあと、まだ若かったこともあってSALADとGLIMALKINは解散しちゃったんです。そのあとは新しいバンドをやろうと最初はこの3人で集まってたんですけど、なんやかんやで大会の優勝者だった小林太郎が入ることになり、事務所に入って活動してました。

吉田:小林太郎とYE$MANってバンドで1年弱くらいやりました。

高田:事務所を辞めたあとは吉田と俺でイッキーサンプスってバンドを組んで活動してたんですけど、当時のドラムが止むを得ずバンド辞めることになってしまって。でも、その時レコーディングがあったんですよ。そこでドラム叩いてくれる人が居なくなっちゃったから、貴志を呼んで2曲叩いてもらったんです。それが2013年だったかな。

吉田:そうだね。そのあとはまた新しくドラマーを入れて、2年ぐらい一緒にやってたのかな。

高田:そうそう。新しいドラマーが入ってからすぐ3ヶ月くらい一人でアメリカに行ってたんですけど、バンド名がイッキーサンプスだとアメリカの人たちってホワイト・ストライプス好きな人たちがめちゃくちゃいっぱいいて、ルーツがバレバレすぎて恥ずかしいって思ったんで、帰国してから名前を変えてWalkingsになりました。

 
——Walkingsの名前の由来は?

高田:俺、本当は「諸刃の剣(つるぎ)ナイフ」ってバンド名にしたかったんですよ、なんかみんなに全力で反対されて(笑)。

吉田:なんかってなんだよ(笑)。

高梨:良かった、そんなバンド名にならなくて(笑)。

高田:そうやって全力の反対を受けて(笑)。他の候補をどんどん挙げていったらWalkingsに落ち着いたんですよね。当時、フィラデルフィアとかに行ってきたこともあってゴスペルにハマってたんですよ。ハモンド・オルガンとかでやるゴスペルってジャズの要素も入っていたりして、そこからWalkingって言葉が出てきた感も否めなくはないんですけど。


高田:バンドの歴史の話に戻ると、新しいドラマーが入ってから俺はもう一回アメリカに行ったんですよ。それで帰ってきてからバンド活動をやってたら、2015年にフジロックに出れたんですよね。フジロック出てから2週間後くらいにドラマーがバンド辞めるって言い出して。

高田:最初は引き止めてたんですけど、このままじゃ埒が明かないってことで引き止めるのをやめ、貴志に入ってもらいました。

高梨:またレコーディングがあったってのもあるよね。

高田:そうそう。その時はP-VINE RECORDSからリリースすることが決まってて。一緒に仲間意識を持ってできる奴とやりたいなと思ってたところで、貴志が正式に加入してくれました。そこから1年ちょっと経ったって感じです。そしてこれからこのメンバーでアメリカに行ける、というわけです。

 

サウンドへのこだわり

——Walkingsの楽曲作りはどのようにされてますか?

高田:曲はいろんな時にできるんですけど、例えば、ギターを弾きまくって作るときもあれば、「ジミヘンみたいな曲作りたいな」ってジミヘンの曲からいろいろ派生させてみるとか。あとはテンポ感から曲を作ることが多いんですよ。これも例えば、人が歩いてるのを観察してると、足出したねーちゃんがめっちゃ急いで歩いてる感じのスピード感と、それと同じスピードで歩いているお兄さんはなぜか堂々と余裕をもって歩いていたりとか。なんか、そういうのを見ていて、そのお姉さんの感じだと何も思いつかないんですけど、「スピード早えのに堂々と歩いてるあのお兄さんカッケーな」って思って、そこから曲ができたり。

——生活の中にちょっとしたヒントがあるわけですね。基本的に高田さんが曲を作られるんですか?

高田:今のところそうですね。俺がある程度アタマからケツまで作るのもありますけど、ワンコーラスだけバンドで合わせて、持って帰ってを繰り返して作り上げていくことが多いかもしれないですね。

 

Walkingsサウンドのルーツ

——みなさんの影響された音楽やミュージシャンというのは?

高田:イッキーサンプス始めた頃はやっぱり名前通り、ジャック・ホワイトにめちゃくちゃハマっていて。フレーズ1個単位で考えると結構古臭いことやってたりするけど、全体的に見ると現代っぽいようなものを作りたくて。それをホワイト・ストライプスはやってるなあって思ったんでハマったんですけど。あとはクリームの時代のエリック・クラプトンも好きなんですけど、なぜかクリームは今聞くと古臭く感じるんですよ。ね、あれなんだろうね。

吉田:なんだろうね。おじさんって感じがね。

高田:おじさんがやってそうな感じね。ジミ・ヘンドリクスは古臭く感じないんですよね。音色的にはいなたいんでパンチはないですけど、かっこいいなって思うんですよね。

吉田:ジミヘンって緩急がある気がする。攻めてきたり、引いてきたり。

高田:2ndとかをスタジオの音響で聞くとわかるけど、ミュージカルみたいな。3D感がすごいよね。

 


2016/11/09「New Action!」@新宿MARZ (Photo by  Masahiro Saito)

吉田:俺はなんやかんやベース弾くときにイメージがあるのはストーン・ローゼズのマニが好きで。レッド・ツェッペリンとかも好きなんですけど、ツェッペリンから明らかに影響を受けているのをクラブっぽく弾いている感じとかかっこよくてずっと好きですね。


高梨:僕はパワフルさで言うとレッチリのチャド・スミスなんですけど。スタイルで言うとミュートマスの、ダレン・キング。ダレン・キングの叩いてるときのゴリラみたいな感じでパワフルだけど、見た目がシュッとしている感じは目指してますね!Tシャツインしちゃう感じとか、シャツのボタン留める感じとか、腕まくる感じとか、もろパクってます(笑)。形から入るみたいな。


 

枠にはまらないライブパフォーマンス

——Walkingsの皆さんといえば、最近まで路上ライブを精力的に行ってましたよね。

高田:半年くらいで50〜60本やってたんですけど、もう逮捕されちゃったんで出来ないんですよね(笑)。

——その場の注意だけじゃなくて、逮捕されることがあるんですね。

吉田:僕たちは注意されすぎたんですよね(笑)。

高梨:他の路上ライブやっている人たちよりも機材は妥協せず本格的にやってて。ガチでドラムセットを組んで、音量もかなり上げてやってたので余計に目立っちゃった感じがありますね(笑)。

高田:逮捕されるとは思わなかったね(笑)。、証拠品として、楽器も没収されちゃいましたし。反省してるのでもう一生やらないですって、この記事書いておいてください(笑)。

——路上ライブはどういったきっかけで始められたんですか?

高田:まず、自分たちみたいなブルース・ロック系みたいなシーンって周りにあんまりいないんですよね。こういう音楽がかっこいいという認識がある人が少ない中で、お客さんに集まってきてもらうのも難しいなってことを感じていて。でも路上なら不特定多数に聴かせられるじゃないですか。そうしたら、Walkingsの音楽を好きになってくれる人に、より出会いやすくなるのではないかなって思ったのがひとつと、当時、レコーディングに向けてチップを集めたかったのがひとつあります。

実際に路上でやってみたら30分から1時間くらいのライブでCDが20枚くらい売れるんですよ。「ぶっちゃけ、ライブハウスよりも路上のほうがよくない!?」って感じにもなったりとか。


新宿駅での路上ライブ(Photo by Masahiro Saito)
 

高田:あと、ライブハウスに来る人ってけっこう限られていると思うんですよね。その絶対数の少ない中で、お客さんを取り合ってるみたいな感覚もあったので、全く違う方向からライブハウスに来てくれるお客さんが増えたらいいなって思ったりもしました。

吉田:実際にライブハウスに足を運んでくれるお客さんも増えたし、しかも根強いっていうか、応援してくれるひとたちがついたよね。

高梨:あと、演奏面でも変わったことがあって。1回、野外ライブの時に返しのモニターが無い、歌が聞こえない状況でもライブが上手くやれたことがあったんですよ。息の合わせ方みたいなものは路上をやって多少レベルアップした感じがしました。

高田:うん。グルーヴがかなり上がったもんね


2016/10/01「BEACH TOMATO NOODLE」@白浜フラワーパーク(Photo by  Masahiro Saito)
 

 

海外へ行く理由とその先にあること

——では、SXSW、Japan Niteツアー出演に関してお話を伺えればと思います。Sony MusicとJapan Nite共催のSXSW出場をかけたオーディションが出演のきっかけだったんですよね。

吉田:そうですね。いろんな広告とかスタジオにオーディションのポスターが貼られていたのを見て応募しました。

高田:オーディションはファイナルまで残ったんですけど、結果を残せず。俺たちとしては完全に優勝できたと思ってたんですよね。演奏もすごく満足できるもので。実は前日にFEVER(オーディション会場の新代田FEVER)でこっそりゲネプロをやらせてもらうぐらい気合い入れて挑んだんですよ。一生懸命やったので結果を知ったときは泣きましたね。でも、ありがたいことにWalkingsのことを気に入ってくれたJapan Nite側からオファーしてもらったんです。

——結果に関係なく、実力が認められたというわけですね!そして自費でアメリカに行くにあたって、クラウドファンディングを使うことになったと。

高田:オーディションに優勝していたら、旅費と宿泊費を負担してもらえてたんですけど、自費で行くことになって。この3人だけでアメリカに行くとしても最低100万円くらいはかかるんですよ。ビザ代も含めると130万くらいにもなっちゃうし。それを考えるとあと2、3カ月でそんだけのお金を準備するのもさすがに厳しいですよね。

そこでクラウドファンディングをいろんな人に勧められてたこともあって、Muevoっていうサイトの人に話を聞いてもらったんです。それでもまだクラウドファンディングをやろうか迷ってたんですけど。当時、日本で初めてのクラウドファンディングの教科書みたいなやつを読んだんですよ。2013年くらいの、まだクラウドファンディングが普及していない時に書かれた本で。こう、クラウドファンディングをバンドがやるってダサく見えがちな感じがしません?

吉田:必死っていうか……。なんかね。

高田:でもその本を読んだら、クラウドファンディングをやることって、自分たちの名前を広く知ってもらえるきっかけにもなるし、みんなに協力してもらえることで俺の持っている夢を、みんなの夢に変えていける手段なんだと気付かされました。

吉田:夢はみんなの力で叶えるものだよね!

——クラウドファンディングのリターンの内容は、どのように考えましたか?

高田:バンドがやるクラウドファンディングのページを見てると「クラウドファンディングの限定グッズ」とか「お礼の手紙」とか「あなたのために一曲作ります」「飲みに行く」とかは風俗的で、音楽が広がることに繋がらないなって思ったんですよね。リターンをどうするかめちゃくちゃ考えた中でも、「俺らがアメリカで何のために行って、何のために行動するのか」、俺たちの熱い気持ちが見えるものを作ろうとしています。


高田:リターンの映画を撮るにあたって映画監督の長棟航平さんについてきてもらうんですけど、面白い映画にできれば、その映画だけで広がりを見せるかもしれないじゃないですか。それは監督にとっても俺らにとってもいいことにつながりますしね。

——まさに文字通りの、クラウドファンディング本来の目的である“夢を叶えるシステム”となったわけですね。デジタルサービスでいうと、ストリーミング配信するきっかけというのは?

高田:TuneCoreをJapan Niteの人に教えてもらったんですけど、単純にいいサービスだと思いましたね。次のリリースもTuneCoreでいいんじゃないかって思うくらい。Apple MusicやSpotifyにも配信できるし。実際、ストリーミング・サービスがきっかけで海外からの問い合わせもありましたし。最高です!

——ご自身で音楽を聴くときもストリーミング・サービスは使いますか? 

高田:Apple Musicはめちゃくちゃ使いますね。音楽の入り口としてめっちゃいい。特にルーツ・ミュージックを研究したい方なので、めちゃくちゃ音楽を掘りやすくて。“最強のスコップ”を手に入れたみたいな気分(笑)。するする掘れるっていうか。



2016/04/23 「STYLE BAND TOKYO」@渋谷O-nest(Photo by  Masahiro Saito)
 

——では最後に、SXSWを皮切りにはじまるアメリカ・ツアーの意気込みを。

高梨:バンドでアメリカに行くきっかけができて、嬉しいです。いい思いができるように練習頑張ります!

吉田:正直、俺たちくらいの立ち位置のバンドがアメリカにどのくらいいるかよくわかってないけど、ツアーもするから。バトルだよね!なんか、ヒリヒリできそう。頑張ります!

高田:まず、オースティンにいる間は路上ライブをめちゃくちゃやろうと思ってて。アメリカではまだ路上ライブができるし(笑)。それは東京でやってた時と同じだけど、とにかくいろんな人に見てもらって、俺たちの音楽に気づいてもらいたいです。想像ですけど、アメリカは音楽の受け方が日本とはもうちょっと違うんじゃないのかなって思うんです。俺らの音楽をアメリカ人が気に入ってくれるんじゃないのかなって予想があるので、アッと言わせるグルーヴを感じてもらいたいですね。 そんでもって、また次のアメリカ・ツアーに繋げられるような動きをしていきたいです。


Walkings(ウォーキングス)
Official Website
Twitter
Facebook

ライブ写真: Masahiro Saito(Twitter)

この記事の執筆者

TuneCore Japan Official Ambassador

TuneCore Japan 公認 学生アンバサダー

https://amb.tunecore.co.jp/