SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

2018.6.7


SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス
SECONDWALL

初のフルアルバム『Beautiful Lie』を6月6日にリリースしたばかりのSECONDWALL(セカンドウォール)。ストレートなロックサウンドに定評がある彼らですが、今作は磨かれたポップセンスも披露しています。アルバムはもちろん、MVやマーチ等クリエイティブへのこだわりにいたるまで、話を聞きました。

 

1年通して聴ける作品に仕上げた

——本日はYUKA(Vo)さんとRYO(Gt)さんにお話を伺います。お時間ありがとうございます。雨ですね!

YUKA & RYO:よろしくお願いします!雨ですね!

——なんでYUKAさんだけ傘持ってるんですかね。

YUKA:君たちは準備が甘いです。

RYO:ま、中に入りましょうか。


SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

——今回のフルアルバムは、全曲ダウンロード、ストリーミング配信ですね。

YUKA:はい!全曲です!時代の流れを考えると、今後は配信だけで新しい作品を発表したりもありなのかなって思ってます。CDが欲しい方にはライブやネットでお渡しするのも良いんじゃないかと。楽曲にはこだわりを持っていますが、それを聴くための選択肢はできるだけたくさん用意したいなと思っていました。やっぱり一人でも多くの人に聴いてほしい気持ちが大きいです。

——3曲目の「Beautiful Lie」のタイトルをそのままアルバムタイトルにしていますね。コンセプトはあったりしますか?

YUKA:SECONDWALLは「作るぞ!」となってから一気に進めるタイプなので、曲のストックは全然なかったんです。「Light」が一年前くらいのもので、「静かな夜に」は昔あった曲をあたらしく生まれ変わらせた感じです。他は全て新曲で季節感も様々。1年通して聴いていただける作品に仕上げました。なのでアルバムとしてのコンセプトというよりも、最新のSECONDWALLを詰め込んであって、バリエーション豊かになってます。私達にしては珍しくバラードまであります。

アルバムタイトルについては、毎日不安だけど「私は大丈夫」って自分自身に暗示をかけたり、心にちょっと嘘をついたり、そうすることで未来に前向きになれるなら、それは素敵な嘘なんじゃないかな、と思ってつけました。


SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

 

ロックとポップのバランスを

——SECONDWALLの今までの音源や活動を見ていると、多方面の音楽をやってみて、一周してストレートなロック&ポップスに回帰してきたような印象を受けました。

YUKA:子どものころ聴いてきた音楽、いわゆるJ-POPに戻ってきている感じはありますね。私たちの活動は、たくさんの人に聴いてもらって成り立つので、それを考えると自然な流れなんだと思います。

ただ、生粋のポップとロックを通り過ぎたポップはやはり別物なので、ロックとポップのバランスを調整して作っていく感じが楽しいです。今回はアコースティックギターをメインにした楽曲を作ったり、今までしなかったことにも挑戦してます。

——先日のライブを見させていただいて、気持ちを込めて感情的にやりたいという意思があったのかなと思いますがいかがでしょう?

YUKA:いつもお客さま1人1人の顔を見てライブするっていうのは意識してますね。前から後ろまで順に、「見てくれてありがとう」って気持ちを込めて歌ってます。お客様の顔を見ると元気がもらえるというか、心があたたかくなります。

RYO:泣いてくれたり感情的になっているお客さまを見ると、「昔はこんなことなかったなぁ」って思いますね。すごく嬉しい。気持ちがすごくわかるので。


SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

 

こだわりぬいたクリエイティブ

——新作にともなうMVは前作の「言葉」と同じyahikoworks(ヤヒコワークス)さんですね。

YUKA:過去にヤヒコくんがやっていないことを一緒に作りあげる、というノリで作ってます。ヤヒコくんの良いところはストーリー性と映像の美しさなので、それは必ずだしたいと思っていて、そのストーリーにぴったりあう小川夏果さんにも前回に引き続き出演していただきました。

RYO:彼女のルックスも大好きで、力強い印象の中に、どこか儚げな雰囲気をもっているというのが私たちの曲にあっていて。二人とも楽曲のことを私以上に解釈してくれて表現してくれています。


SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

YUKA:今回の「Beautiful lie」のMVは、後ろに設置した幕にプロジェクターを何台も使って投影しているんです。こういうアナログな方法の撮影は“遠回りだけど前向きな表現”だと思っていて、楽曲のテーマにも馴染むんじゃないかなと思っています。自分たちのテンションも違いますね。

——マーチャンダイジングにもこだわりを感じるのですが、どんなところからインスピレーションを受けているのでしょう?

YUKA:普段お買い物してて、こんなの欲しいなって思うモノをデザイナーさんにお願いするって感じです。海外のバンドのグッズはオシャレで参考になるので良くチェックしてます。Tシャツなんかは普段も着れるような、バンドTシャツっぽくないモノを意識して作ってますね。

RYO:個人的に雑貨屋さんや古着屋さんが好きでよく行くので、そういったところで可愛いデザインなんかを参考にしてメンバーに提案したりしてます。最後は多数決で決める感じですね。


SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

 

あらためてSECONDWALLってどんな人たち?

——RYOさんはインタビューに登場というのは珍しいですよね。

RYO:僕リーダーなので!

YUKA:RYOはリーダーなんで!

——ぜひメンバー皆さんのこともお聞きしたいです。

YUKA:RYOはリーダーなのでレコーディングにもすべての日に顔をだしたり、冷静な意見をくれたりとしっかり者です。SHOHEI(Dr)は最初ミステリアスなイメージだったんですけど、付き合いが長くなるにつれて男らしくて頼りになる存在に。APG(Gt)は私が昔組んでたバンドのギターの弟だったりで、付き合いも長くて。作曲も一緒にしているので良き相棒です。YU-SUKE(Ba)は真っすぐ私と向き合ってくれるので良く口喧嘩してます(笑)。多分いちばん私に似ているのかな、性格的に。メンバーみんな熟年夫婦みたいに仲が良いので安心ですね。

RYO:SHOHEIは家も近いのでライブ終わりに一緒に帰る事も多いです。YU-SUKEはよく飲みに行きますね。APGには機材のことやギターフレーズとかを相談することも多いです。YUKAとはドラマの話ばっかりしてますね。本当みんな仲が良くて移動の時なんかも話が盛り上がり過ぎて、気付いたら遠征先に着いていたりなんてこともあったりします。


SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

——ライブ以外では顔が見えないので、メンバーさんのことはいろいろ想像しているのですが、どんな物が好きだったり、どんな日常があるのかなと。

RYO:ハムスターと遊んだり、ジム行ってますね。

一同:(笑)

YUKA:スマホでマンガを読んで、Netflixで映画みて、最近買ったミニスーファミやったりしてます。

——そうやってお聞きする限り、他人とのつながりをあまり感じませんが、インドアを好む方が多いんですか?

YUKA:メンバーみんな孤独が好きなのかもしれません。ただ体調管理は気をつけないといけないなと思っていますね、孤独死しないためにも(笑)。APGと私以外はジムに通っているので、私はひたすらスクワットしてます。APGもインドアかなと。家でアイドルのインストをよく聴いてるみたいですね。

——アイドルを声なしでですか?

YUKA:トラック作りの勉強になるみたいです。自分で歌いたいというようなカラオケ的用途以外で聴いてる人がいるのにびっくりしました。インストってそんな用途もあったんだと思って。本当SECONDWALLはお一人さまで楽しめる人たちなんです。暗いし、もぐらみたいな人間です(笑)。


SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

 

「リスナーが聴きやすい方法で作品を提供したかった」

——今後の活動について方針はありますか?

YUKA:今回私たちが全曲ストリーミング配信したのは、聴いてくれる人たちや興味を持ってくれる人たちに聴きやすい方法で提供したかったというシンプルな想いなんです。私はここ一年くらいApple Musicを使っていて、CDを買う機会はすいぶん減りました。SECONDWALLに興味を持ってくれるかもしれない人たちが、そこにもきっといるんじゃないかと思って。昔よりも機材にかかるお金は減っていて、自宅録音も少し手軽になってきているので、その分、楽曲を広げることにも力をそそぎたいと思っているアーティストは多いと思うんです。

——以前はなかった方法で広げることができるなら、そこでもきっと聴いてくれる人に出会えるという考えですね。

YUKA:直接お客様とつながっている配信ストアさんが、プレイリスト等の方法でたくさんチャンスを作ってくれたら嬉しいです。例えばオーディションイベントは投票しに行ったりして「既に知っているアーティスト」をさらに応援する良い機会だと思います。それと別で、まだ知らないお気に入りのアーティストを見つける場所としてストリーミングが活性化すると嬉しいなって思います。そうしたら、私たちSECONDWALLも見つけてくれる人がいると思うので。

——素敵です!本日はお時間ありがとうございました!

YUKA & RYO:ありがとうございました!


SECONDWALL | 洋ロックを通過し帰ってきたジャパニーズポップス

SECONDWALL
Official Website
Twitter
Facebook
YouTube
Apple Music
Spotify
TuneCore Japan

取材、写真:Shunki Baba

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/