SoundCloudがDJソフトウェアと連携をスタート、まずはSeratoから

2018.12.17

SoundCloudは、12月12日、同サービスのブログにて、Serato DJ(Serato DJ Pro 2.1 または DJ Lite 1.1)でSoundCloudのストリーミングカタログに直接アクセスが可能になったことを発表した。

この統合により、Serato DJ Pro 2.1またはDJ Lite 1.1でSoundCloud Go+を使用してSoundCloudのミュージックカタログにアクセスができ、ストリーミング/ミックスが容易にできるようになった。

上記Serato DJのアプリケーションで、DJライブラリのアイコンからSoundCloudアカウントにログインすることによって、自動同期される。

ただ、「THE VERGE」でも指摘されているように、最初の時点ではオフラインでの対応はまだされておらず、現在のところその部分は「近日中に実装の予定」という段階にとどまっているようだ。

そうなると、DJが現場で実用的に利用するには、安定したWi-Fi環境に、SoundCloud Go+のアカウント、さらに対応するSerato DJのソフトも揃えなければならず、現段階としてはいささかハードルが高いと言えるが、とはいえdjayをはじめいくつかのDJソフトがすでにSpotify Premiumと連携しているように、興味深い動きであることには違いないので今後も注目しておきたい。

なお、今回のSeratoのアップデートによってTidalにおいても、Tidal Premiumアカウントにアクセスし、同様のパフォーマンスを体験することが可能となっている。


Source:
The SoundCloud Blog
Serato Blog

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/