大門弥生、SXSW 2020 Hip-Hop / Rap最注目アーティストに選出

2019.12.19


大門弥生、SXSW 2020 Hip-Hop / Rap最注目アーティストに選出

2020年3月13日〜3月22日にテキサス州 オースティンで開催されるテクノロジーからカンファレンス、そして世界最大級の音楽フェスティバルでもある「SXSW 2020」に出演が決まっている国内外で活動するシンガー大門弥生。

同フェスへの出演アーティストが約500組にものぼる中、大門弥生がHip-Hop / Rap Artists にて最注目アーティストにピックアップされている。

SXSWが作成しているSpotify内のオフィシャルプレイリスト「For The Culture: SXSW Hip-Hop」の16曲の枠の中に彼女のtwerk「#KETSUFURE」がプレイリストイン。カバーをインスタフォロワー35万3千以上を誇るJucee Frootが飾る中、日本のインディーズレーベルのアーティストとして異例の抜擢となった。


 


source via : https://www.sxsw.com/music/2019/speed-dating-sxsw-2020-hip-hop-rap-artists/

 
About YAYOI DAIMON ― 大門弥生とは


大門弥生、SXSW 2020 Hip-Hop / Rap最注目アーティストに選出

2014年から本格的にシンガーソングライター、DJとしてアーティストキャリアをスタート。

2015年12月に1stシングル「BEST FRIEND (feat. DIZZLE)」リリースを皮切りにコンスタントにリリースを重ね、2016年11月に1st アルバム『Work Hard Love Hard』をリリース。

以降、ダンスを武器に作詞・作曲から、トラックメイク、振り付けまで全てをセルフプロデュースするというスタイルを加速させ、 2017年、同時リリースした「Choose Me feat Rei©hi」と「メロンソーダ feat Rei©hi」は、YouTubeで合計300万回以上の再生を記録し話題となる。

 
2018年8月にはSHINGO★西成プロデュースのシングル「ヒールで仁王立ち」をリリース、関西弁で歌う強烈なリリックでシーンでの存在感を改めて印象づけた。

 
同年10月には、あっこゴリラを客演に迎え、フェミニズムをテーマにした楽曲「NO BRA! feat.あっこゴリラ」をリリース、このMVも公開から間を置かずして100万再生越えを記録する。

この楽曲のテーマからも分かる通り、フェミニストとしての活動でも知られており、2015年から女性アーティストのポジション向上を目指すことを目的とした出演者が女性のみのイベント 「GIRL’S POWER」をプロデュースしている。

2019年4月にはアーティストとしてのスケールアップのため、カリフォルニアへ渡米。同年7月には現地で磨いたスキルを活かした楽曲「First Class Bitch」をリリース。

 
続けざまに、今回のSXSW2020のプレイリストにも選ばれたtwerk「#KETSUFURE 」を2019年8月にドロップ。MVでは以前CYBERJAPAN DANCERSでも活動し現在LAに拠点を置きながら活動する人気ダンサー/モデルのYURISAを迎え世界基準のtwerkを披露。

 

 
その勢いのままにこの12月には、ノースカロライナ・ダーハム発の日系ラッパーG YAMAZAWAをfeatした「BLESSING feat. G YAMAZAWA」をリリースし、世界での活動の幅がをさらに広がっていることを提示。

 
12月20日には、MINMIが歌詞をプロデュースし、ビートをジャマイカで活躍するプロデューサーGACHAが手がけた楽曲「MANGO (feat. MINMI)」をリリースする。


大門弥生、SXSW 2020 Hip-Hop / Rap最注目アーティストに選出

「MANGO (feat. MINMI)」 各配信ストア : https://linkco.re/bqQCXRmM (2019年12月20日リリース)

 

YAYOI DAIMON 大門弥生
Official
Instagram
Twitter
YouTube
TuneCore Japan

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/