ザ・ストロングバブルシティ インタビュー |「日常が一番エモい」をテーマに活動する都市型POPSユニット【Who’s NXT】

2019.9.9

要注目のup-and-comerアーティストをエディターピックアップ = Who’s NXT(next)

今回の Who’s NXT アーティストは、Sanoji、Sari、UTの3人のメンバーからなる都市型POPSユニット ザ・ストロングバブルシティ。懐かしくも新しい、一度耳にしたら離れないサウンドで、各所のプレイリストでもピックアップ。ノスタルジーとアップデート感がハイブリッドされたSuica氏が手がける印象的なイラストもともなって、着々とリスナーを増やしている。


【Whos NXT】 ザ・ストロングバブルシティ

 
About : ザ・ストロングバブルシティ

2018年結成。

Sanoji(Vo.)、Sari(Vo.)、UT(Rap) の三人による都市型POPSユニット “ザ・ストロングバブルシティ” 。

「日常が一番エモい」をテーマに、 現実世界を痛烈かつドラマティックに描くスタイルと、都会的でいてどこか懐かしくエモーショナルなサウンドは、近年増加傾向にあるオルタナティブポップスのそれらの中でも類を見ない。

今までに4曲のシングルをリリースし、イラストレーターとして活躍するSuica氏のアートワークも後押しして、SNSを中心にジワジワと注目を集めている。

― 古いと新しいの交差点 ―

空想都市”ストロングバブルシティ”へようこそ。

 
——まず、みなさんそれぞれ音楽に興味を持ったきっかけを教えてください。

Sari : 私は幼少期家族とよくカラオケに行っていて、その影響で歌うことに興味を持つようになりました!

Sanoji : 僕は以前勤めていた職場に音楽をやっている人間がいまして、一緒にやらないかと誘われたところから本格的に音楽に興味を持ちましたね。

UT : 僕は叔母がピアノの先生をしていた関係で、幼少期から音楽が近くにある生活を送っていました。自称ですが元天才ピアニストです!(笑)

 
——そんなみなさんが、ザ・ストロングバブルシティを結成された経緯は?

Sari : もともとは名古屋のクラブシーン等で各自別々に活動していたんです。

Sanoji : ある時、ソロ活動の延長でたまたま三人一緒に曲を作るタイミングがありまして、そこで出来上がったのが1stシングルの「取り急ぎBEER」です。

UT : 当初はこの一曲のみの予定だったのですが、出来上がった曲に予想以上の手応えがありまして…(笑) そんなこんなで、ザ・ストロングバブルシティが結成されました!

 
——現在はどの辺りを中心に活動していますか?

UT : 今現在ライブ活動はほぼ行わず、月一ペースで新曲をリリースするなど、音源制作に力を入れた活動を行っています!

Sari : 今後はライブにも力をいれていきたいと思っているので、その際は是非みなさんライブに遊びに来てください!

 
——最新作を教えてください。

Sanoji : 先日8月19日に「花水木」をリリースしました。ザ・ストロングバブルシティの活動において「リアリティのあるテーマ設定」というのは常に気を配っているところで、第四弾シングルとなるこの「花水木」は平日休みの方に送るアンセムとなっています。

UT : さらに今回は、サウンド面でもこだわっていて、Talkbox(ARAKI a.k.a ARK Talk Box)を取り入れたり、ザ・ストロングバブルシティとしては初の生楽器を交えた一曲で、僕とSariが所属している愛知のHiphop band”BACKPACK$“に力を借りて楽曲制作を行いました。

Sari : ちなみにタイトルの花水木は「花金」ならぬ「花の水曜、木曜」と言うところから命名しました!


【Whos NXT】ザ・ストロングバブルシティ

「花水木」 各配信ストア : https://linkco.re/yguMg5VH

 
——他にこれまででおすすめ、あるいは思い入れのある作品をあげるなら?

UT : やっぱり1stシングルの「取り急ぎBeer」ですね。コード進行、曲の構成、テーマ設定等、この一曲でザ・ストロングバブルシティのすべてが説明できると思います。

Sari : ビールになかなか辿り着けない冴えないサラリーマンと街のネオン、華やかだけど切ないエモーショナルな一曲に仕上がっています!

Sanoji : 今晩のお酒のおともに是非!


【Who’s NXT】ザ・ストロングバブルシティ

「取り急ぎBEER」 各配信ストア : https://linkco.re/Ch9YmCfX

 
——楽曲の制作はどのようにされていますか?

Sari : 3人で1つのドラマを作るように、話し合ってテーマを固めていくところから曲作りはスタートします。

Sanoji : そこから僕が作曲を行い、各々が自分のパートの作詞に入るといった流れですね。

UT : 曲作りにおいて、Sanojiは作曲、Sariは曲の鍵となるメロディーメイク、僕は楽曲のトータルプロデュースと各自の得意分野を活かし合う事を大切に制作しています!

 
——まだザ・ストロングバブルシティを知らない人にその特徴を伝えるなら?

Sari : エモくて都会的。そして今っぽくもありどこか懐かしくもある。そんなみなさんの生活に似合うような楽曲を配信しています!

Sanoji : 広い世代に楽しんでいただけるグループだと自負しております。

 
——みなさんはどういったアーティストに影響を受けてきましたか?

Sari : 私は、宇多田ヒカルさんとBruno Marsかなー。

Sanoji : 僕は特に影響受けたアーティストはいないですね。あらゆるジャンルの音楽からって感じです!

UT : それかっこいいな!(笑) 僕は国内だとRIP SLYMEさん。中学生の時にハマって、それがきっかけでRapを始めたんだよねー。

あともう一個良いですか? 最近は韓国のHiphopにハマってるんだけど、Dynamic Duoはここ数年めっちゃ聴いてます!

 
——また、影響を受けた楽曲をそれぞれ教えていただけますか?

Sari : 私はこのあたりです!

宇多田ヒカル – Automatic

 
宇多田ヒカル – time will tell

 
Jackson 5 – I Want You Back

 
Chaka Khan – Through the Fire

 
 
Sanoji : たくさんあって困りますが、最近だとKhruangbinの「Maria Tambien」ですかね!

Khruangbin – Maria También

 
 
UT : 俺はこの辺かなー。中学生の時に付き合ってた彼女にフラれてBack street boysめっちゃ聴いてた!(笑)

John Legend, The Roots – Wake Up Everybody

 
RIP SLYME – 雑念エンタテインメント

 
Backstreet Boys – I’ll Be There For You

 
Wale – Illest Bitch

 
Dynamic Duo – BAAAM

 
——音楽活動にあたって、みなさんそれぞれ心がけていることはありますか?

Sari : ありのままでいること。あとは、常に色んなモノやコト、情報を見て吸収することですね!

Sanoji : やっぱり楽しくやることですかね。

UT : これは持論ですが、音楽はマラソンに似てると想うんですよ。一度止まると再スタートが難しい!みたいな!なので制作の歩みを止めないことですかね。

あとは、SNSで呟いてるだけで音楽をやってる気にならないことかな(笑)。

 
——現在の音楽シーンにおいて、みなさんが何か感じることはありますか?

Sari : 最近、SNSを中心にカッコいいアーティストを目にすることがとても多くて、日々刺激をもらっています!

UT : 個人的に思うのは、TVの歌番組のランキングに違和感を感じてます!僕が疎いせいか、知らない曲ばっかだし…(笑) しかも、ランキング上位に同じアーティストが何曲もランクインしてるっていうのもなんだか変な気がして…

言っちゃいけないこと言っちゃいそうなのでこの話はもうやめましょう!(笑)

 
——今後の活動の展望や予定は?

Sanoji : まず、映像作品を作りたいと思っています。これだけシングルを出しているのに、いまだに正規のMVがないので…

Sari : はじめて口に出しますが、ザ・ストロングバブルシティ、1stアルバムの制作に取りかかってます!

UT : みなさんお楽しみに~!

 
——最後にメッセージを。

UT : 「ザ・ストロングバブルシティ」って名前が長くて呼びずらいので、「ストバブ」って呼んでください!

 

ザ・ストロングバブルシティ
Twitter
Instagram
YouTube
TuneCore Japan


【Whos NXT】ザ・ストロングバブルシティ

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/