“ふと目覚めた時横に 君の寝顔があると嬉しい ” 多部大「You」がTikTokをきっかけに話題 2022年夏もっともバズっている曲のひとつに

2022.7.25

“ふと目覚めた時横に 君の寝顔があると嬉しい ” 多部大「You」がTikTokをきっかけに話題 いま最もバズっている曲のひとつに

名古屋発の1997年生まれのシンガーソングライター・多部大(たべ ひろ)の楽曲「You」が”SNSで今一番話題の曲”をまとめたSpotifyの国内バイラルチャートで急上昇しています。3rdシングルとして今年6月に配信リリースされた「You」は7月半ばに同チャートの24位に初登場し、その後25日時点にはNAYEON「POP!」や水曜日のカンパネラ「エジソン」といった人気曲に次いで3位にまで上昇しています。

2022年7月25日のSpotify「バイラルトップ50 – 日本」で多部大「You」は3位にチャートイン(画像 : Spotifyより)
多部大「You」

https://linkco.re/epTVGRdE

 
多部大は自身のYouTubeチャンネルのプロフィールに「幼少期よりクラシックギターを習い、様々な音楽に慣れ親しんで育まれた自由自在な音楽観は要注目。」とある通り、聞き心地の良い柔らかな歌声と、優しくキャッチーかつインテリジェンスな音楽バックグラウンドを感じさせるサウンド、さりげない日常を親近感のある言葉に鋭く落とし込んだ歌詞で、いまにわかに注目を集めているシンガーソングライター。Twitterのプロフィールからはヤマシタノゾムとの2ピースバンド・青とcity lightsでの活動もみられます。彼のYouTueチャンネルでは多くのカバーも掲載しており、配信ではこれまで2020年10月に「真夜中にステップを」、2021年10月「My Kicks」などをリリース。どの楽曲も現在バズっている「You」と同じく、リスナーがリラックスできる多部大らしいサウンドを展開しています。

 

多部大「真夜中にステップを」

https://linkco.re/1PuBgeSX

 

多部大「My Kicks」

https://linkco.re/CaQp8hmv

 
「You」が人気を得ている要因の一つとしては、まずその歌詞があげられると思います。

「ふと目覚めた時横に 君の寝顔があると嬉しい 新しいものはすぐに 君といちばんに試したい」

と、誰もが共感するであろう温かい歌詞の「You」はTikTokで絶大な支持を得ています。特にカップル動画を中心に広まりをみせており、「You」を使用したTikTok動画は7月25日時点で1万本に迫る勢いで増加しています。加えて、本人の同曲のTikTok動画も10万以上の再生となっています。

 

@tabe__hiro @masayu0322 “You” まさあゆさんとのコラボMVが完成しました💐#you #多部大 #まさあゆ #カップル動画 ♬ You – tabehiro

 
また、フォロワー約18万人を抱える人気音楽インスタメディア『PLAYLIST-プレイリスト-』も「カップル動画にぴったりな曲」として同曲をピックアップ。
 

 
同じく『PLAYLIST-プレイリスト-』のTikTokでもとりあげられています。

@playlist_of #おすすめ #fyp #音楽紹介 #恋愛ソング#恋愛ソングメドレー#バズれ ♬ You – tabehiro

 
さらに「You」はカップル動画に加えて、ダンス動画でも人気を集め始めており、歌詞とダンスの両面において拡散が加速しています。

@anpontan0402 頑張って振り付けしてみました!流行って欲しいな〜#振り付け ♬ You – tabehiro

@ryoka_720 なにこれ、、可愛すぎる振り😫🤎 #You #おすすめ #fyp #04 ♬ You – tabehiro

@tabe__hiro たくさん音源使ってくれてありがとう!#本人登場 #you #多部大 #ふと目覚めた時横に君の寝顔あると嬉しい ♬ You – tabehiro

 
7月1日に公開された「You」のMVにも楽曲の良さを評価するコメントが多く集まっています。

 
「You」は、もともとの楽曲が持つクオリティの高さ、そしてカップルにピッタリとハマる共感を呼ぶ歌詞、そしてダンスと、通常バズっている楽曲に比べても、拡散される要素が多く詰まったものになっており、今後もさらなる広まりをみせそうです。

なお、TikTok内の『人気急上昇』でも2位にチャートインしており、バナーも展開されています。「You」が各種チャートでトップとなる日もそう遠くないかもしれず、「You」、そして多部大の今後の動きに要注目です。

 

 

多部大
TikTok
Twitter
Instagram
YouTube
TuneCore Japan

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/