ジャマイカのライジングスター KOFFEE、Apple Music Up Next アーティストに

2019.6.11

Apple MusicのUp Nextシリーズ最新アーティストとして、KOFFEE が選出された。世界の音楽シーンで注目の新人をプッシュするUp Nextシリーズでは、現在世界を席巻中のBillie Eilishをはじめ、Khalid、Greta Van Fleet、Bad Bunny、Juice WRLDなど、錚々たるアーティストがピックアップされてきた。

 
Koffee Up Next Film Preview | Apple Music

 
今回選出されたKOFFEEは、ジャマイカ・スパニッシュタウン出身の19歳の女性アーティスト。Usain Boltに捧げたトリビュートソングをきっかけに、その才能は瞬く間に世界へ広がり、同郷のスーパースター、CHRONIXXをはじめ、COCOA TEA、PROTOJE他多くのレゲエ・スターが認めるほど。BBCの「2019年の期待のアーティスト」にも選出され、最近では、Apple Musicのレゲエのソングチャートでトップに、EP『RAPTURE』はアルバムチャートの3位にまで上りつめた。3rd シングル「Toast」は、世界190カ国、50万人以上にShazamされ、その存在と才能はグローバルにリーチしている。

 
関連記事:KOFFEE | 猛スピードで世界へと進出したジャマイカの新しい才能、要注目の19歳
(THE MAGAZINE KOFFEEインタビュー)

 
Apple MusicのBeats 1プログラムでは、Julie Adenugaによるエクスクルーシブインタビューも公開。

Koffee: Up Next Beats 1 Interview | Apple Music

 
なお、KOFFEEは、Apple Music Up Nextシリーズに選ばれた最初のレゲエアーティストとのこと。先月末には、彼女とともに現在のジャマイカ・シーンで活躍するアップカミングなダンスホール・スター GOVANAを客演に迎えた「RAPTURE (Remix) [feat. GOVANA]」もリリース。さらに、Geniusによると、Rihannaの次回作に楽曲を提供するのではというニュースも報じられるなど、ますますその動きから目が離せない。
 

https://linkco.re/uAPxe8Y2


この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/