Amazon Music for Artistsが日本語に対応、Amazon Musicのリスナーデータを改めて分析してみよう

2020.12.9

Amazon Musicのアーティスト/レーベル向け分析ツールAmazon Music for Artistsのアプリとプラウザ版、そして公式サイトがローカライズされ日本語に対応しました。

THE MAGAZINEでもアプリローンチ後の今年3月に登録方法/使い方に関する記事を紹介していたAmazon Music for Artists。楽曲再生に関する統計データやリスナーのロケーション、Alexaのレポートなどがチェックでき、他のストリーミングサービスのfor Artists系ツールとあわせてこちらも有効に活用しておきたいサービスです。

今回のアップデートで、アプリの場合は最新バージョンにてデバイスのデフォルト言語に合わせ言語表示され、ブラウザ版ではドロップダウンメニューから言語を選択できます。公式サイトもドロップダウンメニューから言語を変更することが可能となっています。


Amazon Music for Artistsがアップデート、日本語に対応
画像 : Amazon Music for Artists ブラウザ版トップページより

また、Amazon Musicにおけるアーティストイメージの変更もAmazon Music for Artistsアプリを通してできるようになっています。

Amazon Music for Artists公式ページ
https://artists.amazonmusic.com/

Amazon Music for Artistsブラウザ版
https://artists.amazon.com/

Amazon Music for Artistsアプリ
https://artists.amazonmusic.com/ja/the-app

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/