MONBEE インタビュー | 「できるだけシンプルに組み立てる」BCDMG所属、多数の提供実績を持ちシーンからの信頼も厚いビートメイカー【IYOW 】

2021.6.22


MONBEE インタビュー

MONBEE
HIPHOP、R&Bを中心とした作曲、ビートメイカーとして活動。BCDMGに所属。

Alice、BADHOP、DJ CAPITAL-T、DJ CHARI、ELLE TERESA、GOBLIN LAND、JAZEE MINOR、KEN THE 390、KLOOZ、KUTS DA COYOTE、Lick-G、MABU、MASS-HOLE、O.B.S、RENE MARS、SPOCK、TOC、T-PABLOW、USU a.k.a SQUEZ、WEDY、YOSHIKI EZAKI、YOUNG FREEZ、2WIN、空音、三島、など多くのアーティストに提供実績を持つ。

IYOW : A series of interviews with featured beat makers / producers / composers


——キャリアスタートのきっかけ

学生時代はバンドをやっていて、そこで作曲やレコーディングを自分たちでやっていました。徐々にDJに興味が沸いてきて、18歳くらいからレコードを集めはじめて。その後、地元のクラブ界隈で出会った仲間たちとクルーを組んで活動したり、毎週クラブDJをやっていました。そこでも皆のトラックを作っていて割と手応えがあったので、本格的に専念しようと決めました。ちょうどFacebookやTwitterが流行り始めた頃で、全国の色んなアーティストの音源が毎日アップされていたので、これは売り込むチャンスだということで自分もTwitterやSoundcloudを駆使して、地元のラッパーたちと曲を作ってネットにアップしたりしていましたね。

 
——ターニングポイント

最初は知り合いもツテも何もないので、ビートを募集しているアーティストに送りまくったり、募集してなくても半分無理矢理送りつけたりしてました。そんな中、自分のビートが人づてにまわって、ある日N.C.B.BのSPOCKさんから連絡が来て、ビートを使ってくれることになったんです。これをきっかけに、全国的な流通やお仕事を段々させてもらえるようになっていきました。今でも感謝しています。それから、その年の夏に手がけたKUTS DA COYOTE「ラブホなう (feat.T.O.P)」がヒットして、この曲以降ありがたいことにオファーがすごく増えました。さらに、その後BCDMGに誘っていただいたことも大きなターニングポイントです。

 
——最新作

E.R.I – Jenga (MONBEE Remix)


Jenga (MONBEE Remix)

「Jenga (MONBEE Remix)」各配信ストア : https://linkco.re/M7CqUAmQ

 
——制作環境の変遷

カセットテープ録音からMTRになり、MTRからPCに移行していった感じです。

 
——現在の制作環境、メインの機材

iMac、Logic、Komplete Kontrol S49を使用しています。


MONBEE インタビュー
現在の制作環境

 
——モニター環境

ヘッドフォンはSONYのMDR-V6をイヤーパッドを交換しながら10年くらい使ってます。 900STより好きな音です。モニタースピーカーはYAMAHA MSP3です。

 
——使用音源

多くのメーカーの音源を使用させてもらってますが、組み立てで一番最初に使うのはLogic純正のElectric Pianoです。シンプルでイメージを作っていくのにちょうど良い。音も良いです。

 
——使用プラグイン

Waves Smack Attackは、ほぼ必ず使います。ちゃんと設定するとキックが抜けますし、すっきりしてパンチが出せる。あとは、今定番ですがXLN AudioのRC-20はアナログの質感が簡単に出ます。Logicの純正もちゃんと使えばかなり良いものが入ってると思いますよ。僕はどちらかというとシンプルに必要最低限で制作するタイプです。

 
——ビートメイクのプロセス

だいたいエレピから弾き始めます。ドラムはサンプルを貼っていくタイプじゃなくて、NIのMaschineを使ってLogic上で叩いていきます。

 
——ビートメイクポリシー

自分でビートのミキシングまでけっこう詰めるので、音の位置、それぞれのパートのレンジまで絵に書いて説明できるような曲を心がけています。できるだけシンプルに、音が邪魔し合わないように組み立てていきます。

 
——最も影響を受けたプロデューサー/ビートメイカー

Timbalandです。ドープ、メロディアス、ユニークが共存していてすごいです。

 
——影響を受けた楽曲

ここ数年だと、H.E.R.、Amber Mark、Ella Mai、Tone Stith、Bryson Tiller、Ty Dolla $ign、Hitmaka、OG Parkerとかのプロダクションがすごく好きです。

 
——My favorite works / 自分の作品からのお気に入り

KUTS DA COYOTE – ラブホなう (feat.T.O.P)

この曲以降、仕事が倍増しました。

 
 
KEN THE 390 – Yes or No (feat. JAZEE MINOR)

重心の低いビートに軽快なラップと美メロがお気に入りです。

 
 
GRANDMASTER ALLSTARS(ZEEBRA, MACCHO, EGO, T-Pablow, YZERR) – Drop The Bomb

A&Rさんにビートを納めた時、実は誰がラップするか知らなかったんですが、プリプロが返って来て聴いた瞬間膝が震えました。

 
 
T-Pablow – After The Party (feat. KOWICHI)

抜け感とメロディアスな部分が上手くハマりました。

 
 
BAD HOP – Asian Doll (feat. T-Pablow, Vingo & Yellow Pato)

自分が手がけた曲で、一番聴かれたんじゃないでしょうか。

 
 
NaNa – White Love

Newjack Swingに挑戦した曲。

 
 
O.B.S / Lil Cotetsu , Bonbero & S9UALL – SIX SENSE

浮遊する上ネタを上手くまとめられたと思います。

 
 
DJ CAPITAL-TのEREMA (feat. L+key)

CAPITAL-Tとアフロビートに挑戦したプロジェクトで、“THE夏”が作れました。

 
 
MASS-HOLE – no party feat.COVAN

ラップが渋くて好きです。

 
 
UntyAbes – CORNER

10年以上近くにいる仲間のラッパーで、自分らの中ではスマッシュヒットです。

 
——Message

6月23日に、シンガーE.R.Iの「Jenga(MONBEE Remix)」をリリースします。この曲のリミックスいつかやりたいなと思ってて、本人に相談したら快く引き受けてくれて。時期的にも夏っぽいアレンジにしたくて制作したんですが、バッチリ仕上がったと思います。マスタリングは東京録音の塩田浩さんにお願いしました。E.R.Iさんの歌はクールでセクシーで。とにかく抑揚とかやばいんです。リリックもフリとオチがあったり。そんな部分も聴いてもらえると嬉しいです。

あと、まだリリース前で言えないんですが、やばいアーティストと沢山コラボさせてもらってるんで、チェックしてください。

 

MONBEE
Official
Twitter
Instagram
YouTube
SoundCloud

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/