rirugiliyangugili (リルギリヤングギリ) インタビュー |「深く考えず突発的っていうのが僕のスタンス」ロックの影響も受けたオルタナサウンドでアグレッシブに楽曲を生み出し続ける “超人間”【Who’s NXT】

2019.8.10

要注目のup-and-comerアーティストをエディターピックアップ = Who’s NXT(next)

今回の Who’s NXT アーティストは、大阪・西成のILL HOMIESスタジオをホームにし、ラウドロックはじめヒップホップだけではないバックグラウンドに基づいた独特かつアグレッシブな楽曲を生み出し続ける “超人間”rirugiliyangugili


【Who's NXT】 rirugiliyangugili (リルギリヤングギリ)

rirugiliyangugili – 梁山泊

rirugiliyangugili – HEAVY CHAIN

 
——まず自己紹介をお願いします。

rirugiliyangugiliです。「リルギリヤングギリ」と読みます。

大阪の寝屋川市出身で、2000年生まれの19歳です。

 
——最初に音楽に興味を持ったきっかけを教えてください。

子ども時代ひとり遊びが好きで、小学校の低学年の頃によく家にこもってパソコンを触ってたんですけど、ある時にマキシマム ザ ホルモンに出会って完全に音楽に魅了されたんです。

そこから頭の中でひとり遊びのうちの”作詞遊び”をしてました(笑)。

 
——そこから自分で音楽をやることになった経緯というのは?

中3の時からHIPHOPにハマったのと同時にType Beatを知って、そこから書き始めたんです。それで、高校生になってある先輩に西成のILL HOMIESっていうスタジオに連れていってもらったのが1番のきっかけで、始まりです!


【Who’s NXT】 rirugiliyangugili (リルギリヤングギリ)

 
——現在どの辺りを中心に活動していますか?

主に大阪と東京を中心に活動しています。

最近はTohji君の紹介で奈良のバンドのARSKNのリョウナ君とも仲良くなれて、バンドのイベントにも呼ばれるようになってきました

 
——rirugiliyangugiliさんの最新作をご紹介いただけますか?

7月27日に、2nd EPとなる『THE HEDGEHOG』をリリースしました。

『THE HEDGEHOG』 各配信ストア : https://linkco.re/8yaZhGSB

それぞれの曲について、まず1曲目の「rirugetityangugetit」はこのEPを作るにあたってイントロを作りたくて作った曲で、勢いがあるサウンドに仕上がってます。

次の「HEDGEHOG」はこのEPのリード曲で、今のrirugiliyangugiliを表現できた曲だと思います。

Lil Ash 懺悔をfeatした「Yahoo(feat.Lil Ash 懺悔)」は、元々ソロの曲だったんですけど2バース目に急遽、超人間なフレンドの懺悔を入れたらいい感じになって、お気に入りの曲になりました(笑)。

先行リリースしていた「梁山泊」は、梁山泊っていうパチンコ集団がいるのを知って、そこからインスパイアされてを作った曲です😂

「SpaceX (feat.Superbossbaby)」はノリで初めて彼女をレコーディングさせてできた曲です(笑)。

そして、最後の「84」はわかる人にはわかる曲ですね(笑)。色々考えながら聴いて欲しいです(笑)。


【Who’s NXT】 rirugiliyangugili (リルギリヤングギリ)
『THE HEDGEHOG』ジャケット

 
——他にこれまででおすすめ、あるいは思い入れのある作品をあげるなら?

rirugiliyangugiliを知りたいなら、MixTape『0405』の「超人間」って曲と、『TEENAGE RIOT』の「Sonic!!」を聴いて欲しいかな。ていうか、そもそも全部聴いて欲しいです(笑)。


【Who's NXT】 rirugiliyangugili (リルギリヤングギリ)

『TEENAGE RIOT』 各配信ストア : https://linkco.re/5T3TdBbf

 
——楽曲の制作はどのようにされていますか?

西成のILL HOMIESのスタジオに着いてからトラック選んで、そこからほぼフリースタイルで曲を作るっていう遊び感覚でやってるんで、あんまりレコーディング中の記憶はないんです😂

ILL HOMIESスタジオの主のNutriaさんは僕の恩師的存在で、僕の曲をもっとかっこよくしてくれる天才です。

ちなみにILL HOMIESは汚くてドラえもんの漫画が転がってるような所で(笑)。ほんとに遊び場感覚で通ってます!

 
——rirugiliyangugiliさんをまだ知らない人に自分の特徴を伝えるとするなら?

僕のライブはみんなと違ってやっぱり特徴的かなと思います。高校も行かずに引きこもって、来る日も来る日もリリック書きまくっていたので、そういう部分も含めてみんなとは勢いが違う気がするかな。

ちなみに、その高校に行ってなかった時は1日に2曲くらい書いてました(笑)。なのでメモには1,500以上の曲があります!

 
——幼いころ最初に衝撃を受けたのがマキシマム ザ ホルモンだったということですが、その後本格的に影響を受けたアーティストはいますか?

まずはやっぱりTech N9neですね。早口が凄すぎて追いつけないです(笑)。自分の楽曲にもその早口は影響を受けていると思います。

Tech N9ne – Am I A Psycho? (Feat. B.o.B and Hopsin)

 
あとは、Limp Bizkitです。HIPHOPを聴くきっかけになったバンドだし、僕の足はLimp Bizkitでできてます!

Limp Bizkit – Rollin’

 
——他に、楽曲でいうとどういう曲が好きだったり、影響を受けましたか?

SlipKnot – Spit It Out

ライブ映像のMVがめちゃくちゃいい感じで、いきなりラップから始まるところもビビっと来ました。SlipKnotはイントロ1秒流せばどの曲かはだいたい分かるくらい好きです!(笑)

 
Marilyn Manson – (s)AINT

中学生の頃にこの曲を聴いて僕の人生が狂いました(笑)。世界観が大好きです

 
The Mad Capsule Markets – Pluse

打ち込みの感じが好みだし、服装も大好きです!

 
GEZAN – 忘炎

ライブでめちゃくちゃに喰らいました。生でみんなに見て聴いてほしいです

 
Limp Bizkit – Ready To Go ft. Lil Wayne

HIPHOP × ROCK って感じでめちゃくちゃ好きです。さっきも言いましたけど、Limp Bizkitのこの曲を聴いてHIPHOPを聴き始めたんです。

その他にももちろんいっぱいあるんですけど、言い出したらほんときりがないですね。色んなHIPHOPの楽曲からぐちゃぐちゃに影響を受けてるんで(笑)。

 
——音楽活動をするにあたって意識していることはありますか?

「今」の考えを一番大事にしてます。「深く考えず突発的」っていうのが僕のスタンスです。でも、一方で焦らないことも大事にしてます。


【Who’s NXT】 rirugiliyangugili (リルギリヤングギリ)

 
——今共感したり、尊敬するアーティストはいますか?

1年前ぐらいに大阪でTohjiくんとライブが被って、その後、出会ってから間もない僕を東京のイベントに招待してくれて、優しくしてくれて嬉しかったの覚えてます(笑)。Tohjiくんに対しては、文字では書ききれないほどですね。尊敬の塊というか。

 
——今のシーンについて個人的に感じることはありますか?

その「シーン」って言葉が嫌いなんです。囚われてる感じがするので。だからシーンがどうとかは、正直あんまり考えたことないです(笑)。

 
——今後の予定や動き、告知などがあれば。

今、バンドマン兼トラックメイカーの方とのプロジェクトを進めてるんですけど、面白くなると思います!ぜひ楽しみにしててください!(笑)

あと、繰り返しですが2nd EP『THE HEDGEHOG』が絶賛配信中なので、超人間になりたい人は聴いてください🤘


【Who’s NXT】 rirugiliyangugili (リルギリヤングギリ)

 
rirugiliyangugili & wood pure luvheart – RideOnMe!

 
rirugiliyangugili & wood pure luvheart – 俺ら生きる先【Live at WWW Shibuya】

 

rirugiliyangugili
Twitter
Instagram
YouTube
SoundCloud
TuneCore Japan


【Who's NXT】 rirugiliyangugili (リルギリヤングギリ)

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/